Entries

小津安二郎の傑作「浮草物語」を活弁士の名調子で!

小津安二郎「浮草物語」上映会とキッズ上映会

京都・太秦から活弁士がやってくる!

活動弁士・ひさご亭遊花さんの名調子にのせ
小津安二郎監督サイレント映画時代後期の名作「浮草物語」を楽しむ上映会が、
11月16日(日)午後4時30分から「ギャラリーまつ」を会場に開かれます。

独特の映像世界で優れた作品を次々に生み出し、
世界中の映画ファンから愛される小津監督。

映画「浮草物語」は、小津監督が原作と監督を担当した傑作。
坂本武さん演じる喜八を主人公に、名コンビと称された池田忠雄さんが脚本を執筆。
「キネマ旬報ベストテン」でも、第1位に輝いています。

太秦の映画人が集結し、京都を中心に優れた文化を映像等で記録している
NPOグループ「京文映」(京都の文化を映像で記録する会)さんのご協力で
全国各地で大活躍されている活動弁士・ひさご亭遊花さんをお招きし開催する
「活弁付無声映画」上映会です。

上映に先立ち、京文映 理事長の濱口 十四郎さん、同じく、京文映 理事で
「太秦キネマ塾」塾長の杉山 京子さんと映画村・宇生社長によるトークセッションも
「文化を映像で残してゆく意義 ~京都太秦・京文映に学ぶ~」をテーマに行われます。

杉山さんは、なんと鶴岡のご出身。
鶴岡北高卒業後、京都の大学に進学し活躍されています。

料金は、2,000円。 全席自由で、定員は80名。
前売チケットは、10月27日(月)より庄内映画村資料館で販売します。

お席に余裕があれば、当日のご購入でも入場いただけますが
完売の場合は、お断りする場合もございますので、
事前のお買い求めをお勧めいたします。

さらに、これに先立ち、同日 午後2時から、
広瀬公民館を会場に「キッズ映画会」も開催されます。

京文映さんは、「太秦キネマ塾」など、次世代の映画人の育成や
映画による地域おこしにも積極的に取り組んでおられ、
この活動から製作された子ども達と映画づくりを考える2作品を上映します。

子ども達と共に、ここ庄内の文化や歴史を映像化するという目標に向い
映画のまち 京都・太秦の映画人がサポートして完成した作品を
まずは、親子で、ご家族で、みんなで一緒にご覧になってみませんか?

---------------------------

■□ キッズ映画会 □■
日時/11月16日(日)午後2時~3時30分
会場/広瀬公民館(羽黒第三小学校わき)
料金/入場無料(事前申し込み不要) ⇒ 地図

◆上映作品
「2005年 私たちの船旅 ~引き揚げ・過去から未来へ~」
第5回全国地域映像コンクールグランプリ受賞
京都・舞鶴の子ども達が作った感動のドキュメンタリー

「そらのたび」
撮影はもちろん、脚本づくりやロケハン、オーディションによるキャスト選考など、
映画のまち・太秦のみなさんが力を合わせ作り上げた珠玉のファンタジードラマ

>> 案内チラシ(PDF)

---------------------------

■□ 小津安二郎「浮草物語」上映会 □■
日時/11月16日(日) 午後4時30分~(開場4時・終了6時50分)
会場/ギャラリーまつ(松ヶ岡開墾場 二番蚕室)
料金/2,000円(全席自由・定員80名)

※前売チケットは、10月27日より庄内映画村資料館で販売します。

※定員を超えた場合は当日のご入場をお断りする場合があります。
 事前に前売チケットをご購入頂くことをお勧めします。

◆「浮草物語」あらすじ
旅芸人の一座が小さな町を訪れた。
町には座長、市川喜八の昔の女おつねと、その息子の信吉が住んでいた。
一座の看板女優であるおたかは、喜八の愛人でもあった。
彼女は喜八がおつねと信吉に会うのが許せない。
そこで彼女は一座の若手女優であるおときに、信吉を誘惑させることにした。
ところがおときと信吉は そのまま恋に落ちてしまう…

1934年(昭和9年) 松竹蒲田撮影所
監督/小津安二郎
キャスト/阪本武 飯田蝶子 八雲理恵子 坪内美子 三井秀男 突貫小僧

>> 案内チラシ(PDF)

お問い合わせ
鶴岡の文化を映像で保存し上映する実行委員会 事務局
TEL 0235-62-2134 (庄内映画村内)


関連記事

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://shonaieigamura.blog24.fc2.com/tb.php/879-f965d5ed
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード