Entries

6月は、新幹線に乗って「トランヴェール」を読もう!

トランヴェール2014年6月号

旅好きの皆さまなら、よくご存じですよね?
JR東日本発行の新幹線車内サービス誌「トランヴェール」
>> http://www.jreast.co.jp/tabidoki/trainvert/

6月号の特集は「山形発! Japanese Silk新時代」
鶴岡シルクはじめ、山形を旅の舞台に「山形シルク」の魅力をひもとく一冊。

ここ庄内映画村資料館のある松ヶ岡開墾場でも、
一番蚕室を背に撮影が行われ、ドーンと特集の巻頭を飾っておりまする。

トランヴェール撮影風景

撮影が行われたのが、ちょうど松ヶ岡の桜が開花した4月12日。
まだ肌寒い頃で、シルクガールズのみなさん、ご苦労さま。
たまたま撮影に遭遇されたお客さん達も大喜びでした。
ちなみに照明マンをやってるのは、宇生社長(^m^)

鶴岡シルクを使ったファッションに、スイーツに、大活躍のシルクガールズのこと、
「絹の歩みにみる山形」と題し、鶴岡の・松ヶ岡の絹の歴史、
新しい織物の素材「きびそ」など、米沢織や紅花染の記事と共に
読み応えある19ページに渡る大特集です。

ぜひ、お手にとってご覧あれということで、手元に届いた「トランヴェール」
7月になると「トランヴェール」公式サイトでもバックナンバーご覧になれるようですが
資料館の読書コーナーに、送っていただいた一冊、置いちゃっおうかな~♪

「松ヶ岡かいこん物語り」と「はちこの皇子 物語り」

読書コーナーと言えば、置いちゃいました。
鶴岡まちづくり塾羽黒グループの皆さんが、1年がかりでまとられた
「松ヶ岡かいこん物語り」

松ヶ岡の歴史がホントによくわかる素晴らしい冊子です。
羽黒の子ども達の学習用に配布されるそうですが
希望される方が多く、一般の方が手に入れるには抽選らしいと小耳に。

パワースポット! ぐるっと出羽三山の旅」とばかりに
蜂子神社御開帳で、羽黒山に行って来た時に買ってきた
「はちこの皇子 物語り」も、読み終わったら置いてもいい?

誰に聞いているんだ 私 ^^;

刀を鍬に持ち替えた侍

というわけで、
6月は、新幹線に乗って松ヶ岡開墾場へ! あれ?

刀を鍬に持ち替えたサムライさん達もご苦労様でした。



関連記事

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://shonaieigamura.blog24.fc2.com/tb.php/862-5bb24d8c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード