Entries

第1回「半農×半映画」プロジェクトが開催されました。

半農×半映画プロジェクト

農業を体験しながら、合宿スタイルで俳優とシナリオを学ぶ
県外在住の方を対象としたワークショップ
「半農×半映画」プロジェクトの第1回めの講座が
11月20日(水)~22日(金)(2泊3日)に開催されました。

修験の里・羽黒の宿坊「大進坊」さんに寝泊まりしながら
鶴岡駅前のマリカ東館の研修室を会場に
俳優クラス、脚本クラスそれぞれ、みっちりがっちりの3日間。

半農×半映画プロジェクト 俳優クラス

俳優クラスは、冨樫森監督、水元泰嗣監督を講師に
東北芸術工科大学映像学科の風間大樹さんも加わり
3チームに分かれ、エチュードと呼ばれるレッスン形式での講座。

冨樫監督の迫力ある「よ~い、はいっ!」のかけ声、
久しぶりに聞きましたが、毎回気持ちが引き締まるというか…

冨樫監督の講座って、撮影現場と変わらぬ緊張感があって、
ただ見学してるだけでも、どんどん引き込まれちゃうのです。

半農×半映画プロジェクト 脚本クラス

一方、脚本クラスは、脚本家・山田耕大さんを講師に迎え
事前課題として作成していったプロットをもとに、
山田先生のアドバイス、他の受講生との合評を踏まえ
3日間で、1編書き上げるという講座。

私も、脚本クラスを受講させていただいたんですが
宿坊に戻ってからも、部屋で課題を書き上げるべく
連日パソコンを前に2時~3時までみっちり。

さらに最終日は、講座がクローズした後に、
スケジュールの許す受講生達だけで、完成した作品の合評会も。

ハードではありましたが、得たものの大きさは
何物にも代えがたい3日間でした。

半農×半映画プロジェクト 農業体験

2日目の午前中に開かれた農業体験。
当初、赤カブの収穫を予定していたのですが、あいにくの天気で
月山高原にあるハグロファームさんで、山芋の土落としのお手伝い。

この体験を、さっそく脚本に反映させる受講生も…
山芋は、みんなでお手伝いしてその夜のお膳に天ぷらとなって登場。

半農×半映画プロジェクト 宿坊にて

宿坊で、おいしい精進料理のお夕飯をいただきながら
半農×半●●な若手農家のみなさんのお話を伺うという講座も開かれ
机の上に向かってるだけのワークショップでは得られない収穫の多い
「半農×半映画」プロジェクトでした。

最後の総評では、庄内・鶴岡の食や自然の魅力を語ってくださる方も多く
映画に携わる方に庄内ファンが増えてくれるってことは
「夢は日本のハリウッド」計画が着々と前進しているような気持ちになりまして、
これからもこのプロジェクトが毎年開催されるといいなと思った次第です。

中には、感動のあまり涙を流す受講生もいてね(私も… 歳を取ると涙腺がどうも^^;)
俳優クラス、脚本クラス共に充実の3日間でした。

このプロジェクトの様子が、テレビで観られるかも…
放送が決まったら、改めてご案内しますね。

地方で脚本を勉強していると、なかなか仲間を得るのが難しいのですが、
同じ志のみなさんとお話出来たことはたいへん参考になり、また大きな喜びとなりました。
みなさんと、またお会い出来たらうれしいなぁ~♪

というわけで、ただいま12日(土)~日(月)開催の
第2回目の講座の受講生を募集しています。

俳優クラス・脚本クラスいずれも、締切は、12月2日(月)必着です。

詳しくは、下記ページをご覧ください。
>> 「半農×半映画」プロジェクト:俳優&脚本クラス受講生募集



関連記事

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://shonaieigamura.blog24.fc2.com/tb.php/834-1704cc85
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード