Entries

秋旅に「おしん」ゆかりの地をめぐる旅はいかがですか?

おしんちゃん、全国への奉公旅、ごくろうさまでした。

10月12日の公開まで、いよいよ、あと36日と迫った映画『おしん
この秋の旅に、「おしんゆかりの地を巡る1泊2日の旅」は、いかがですか?

「おしん」ゆかりの地をめぐる旅 モデルコース

お客さんから、オープンセットや資料館見学と合わせて、
「ほかに、どんなところがオススメですか?」など旅プランのご相談もよくいただきます。
そんなわけで、庄内映画村的 観光モデルコースのご案内。

出発地によっても、周り方など色々変わってくるかと思うのですが
今回は、仙台からやって来る友達を頭に思い浮かべながらコースを考えてみました。

東北道・仙台宮城ICから村田JCTを経て山形道へ。
庄内あさひICまでは2時間弱。⇒ こちら参照

「おしん」ゆかりの地をめぐる旅

まずは、ICに一番近い「庄内映画村資料館」から。
室内セットのほか、おしんが俊作兄ちゃんからもらったハーモニカや、
おばあちゃんからもらった50銭硬貨などの撮影に使われた小道具なども展示中。
松ヶ岡開墾場には資料館のほかにも見どころいっぱい ⇒ 詳細

同日見学の方には割引制度あり♪ ということで、
続いて「おしんの生家」セットがある「庄内映画村オープンセット」へ
朝9時~午後3時までの毎正時出発の無料ガイドに合わせて到着がオススメ。

オープンセットからは、山形が誇るパワースポット「羽黒山」へ。
国宝 五重塔を見学したり、斎館の精進料理でランチというのもありですね。

庄内を訪れる撮影隊のほとんどが、山頂にある三神合祭殿で
クランクイン前にご祈祷していただくんですよ。あなたも、いかがですか?

山頂駐車場には、おしんが、ばっちゃんからもらった50銭硬貨を入れ
首から提げていた庄内刺し子のお守り入れを作ってくださった
佐藤恵美さんのお店もあります。

このあとは、修験の里・羽黒ならではの宿坊に泊まるもよし。
湯野浜温泉湯田川温泉あつみ温泉由良温泉などでゆっくりされるもよし。

市内のホテルご利用であれば、羽黒山の後に、致道博物館など鶴岡公園周辺
観光スポットめぐりをさらにプラス。「蝉しぐれ」などのロケ地でもあります。

ご宿泊先選びのご参考にこちらどうぞ ⇒ 撮影スタッフ御用達「鶴岡・酒田のホテルと旅館」

「おしん」ゆかりの地をめぐる旅

2日目は、宿から一路、戸沢村の「最上川舟下り」へ。
おしんの旅立ちを思い浮かべながら、絶景の最上峡を船から満喫。
これから紅葉の季節もやってきますし。

酒田に戻り「山居倉庫」と「旧鐙屋」を見学。
山居倉庫「夢の倶楽」にあるレストランのメニューには「大根めし」が♪

最後に遊佐町の「旧青山本邸」へ。

そして酒田みなとICから仙台に戻る… という案を
考えてみましたがいかがでしょう。

旧鐙屋では、10月1日(火)から12月3日(火)まで、
旧青山本邸では、10月中旬から『おしん展』も開催されます。

このほか、庄内では、大山下池や鼠ヶ関川(共に鶴岡市)や、
中山堤(遊佐町)などでもロケが行われました。

ロケ地の詳細は、「庄内ロケ地データベース」をご参照くださいまし。

庄内以外のロケ地としては、加賀屋のみんなと初詣に出かける場面が「山寺」。
このシーンには、吉村山形県知事も、ご出演。
最初の奉公に出る涙涙のいかだシーンは朝日町。
大江町でも実景の撮影が行われました。

全部行きたいとか、ほかの映画のロケ地も一緒に…
なんて方は、もう1泊かな(^m^)

この秋は、映画『おしん』ロケ地めぐりに、ぜひ庄内においでください。


関連記事

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://shonaieigamura.blog24.fc2.com/tb.php/811-479d54a8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード