Entries

南三陸町の小学生が、修学旅行を通じて映画製作に挑戦

伊里前小学校での打ち合わせの様子

宮城県南三陸町の伊里前小学校の6年生たち23名が、
修学旅行で庄内映画村にやってきて映画づくりに挑戦します。

庄内映画村と、映画人の育成ワークショップ・映画24区
子ども達の映画製作の授業を共同で支援するプロジェクトで
『非・バランス』『あの空をおぼえてる』の冨樫 森監督が、撮影の指揮をとります。

庄内映画村オープンセットを使って
映画製作の全工程(脚本・撮影・編集・上映)の全てを、子ども達が自らの手で行い
「絆-きずな-」をテーマにした作品(ドラマ2本、ドキュメンタリー2本)を創ります。

完成した作品とメイキングは、10月6日から山形市で開催される
山形国際ドキュメンタリー映画祭2011」にて、世界へ向けて発表!
鶴岡まちなかキネマ」でも、上映される予定です。

未曾有の大震災の爪痕

9月20日~21日に、伊里前小学校で、冨樫監督による映画の基礎授業。
29日~30日に、庄内映画村オープンセットへロケハンを兼ねた修学旅行。

10月8日~10日に、映画村で映画の撮影と編集を行い、
山形国際ドキュメンタリー映画祭で発表というスケジュール。
映画のポスターも、子ども達の手作りです。

映画24区の「地域プロデューサーコース」の生徒さん達や
東北芸術工科大学 映画学科所属の学生さん達も、撮影・編集のサポートをしてくれます。

8月30日(火)の午前10時から、文化放送「くにまるジャパン」で
映画村の宇生社長が出演し、このお話もする予定ですので、
ぜひ、お聴きくださいませ。

◆宇生社長より◆
震災から2ヶ月が過ぎた頃、南三陸町でボランティア活動をしていた知人から、
伊里前小学校が修学旅行を計画している、映画村オープンセットでも
受け入れてもらえるかとの打診がありました。

もちろん快くでしたが、もっと記憶に残る何かをと考えました。
冨樫森監督の手がけている「子供映画教室」を思い出し、これだ!と思いました。

早速、南三陸町伊里前小学校を訪ね、兵藤校長先生始め
PTAの方々もこの企画にたいへん賛同していただき、
大勢の映画関係者も力を貸していただくことになりました。
素敵な映画撮影ができるよう頑張りたいと思います。
関連記事

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://shonaieigamura.blog24.fc2.com/tb.php/501-fa57bcee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード