Entries

「映画による地域活性化を探るシンポジウム」が開催されました

椎井 友紀子氏

3日、三川町のいろり火の里「なの花ホール」を会場に
約250名の参加者をお迎えして
「映画による地域活性化を探るシンポジウム」が開催されました。

会田山形県庄内総合支庁長の開会の挨拶に引き続き
基調講演は、「映画を核とした地域活性化について」と題して
「スノープリンス」や「座頭市 THE LAST」などのプロデュースを手がけた
映画プロデューサー・椎井 友紀子さん。

映画の作り手は、よい映画を撮れればそれでいいのであって
どうやってそれを次につなげて行くかは地元で暮らす人々が考えなければいけないこと。

地域全体がうるおう仕組みをプロデュースできる人材の育成が大切などの
貴重なご意見をいただきました。

パネリストのみなさん

「将来の活性化を図るために、私たちは何をなすべきか」をテーマとした
パネルディスカッションでは、庄内映画村の宇生社長をコーディネーターに
4名の地域を代表するパネリストによるそれぞれの立場からの
ご提言をいただきました。

パネルディスカッションの中で盛り上がった話題の1つに
廃校の体育館などを利用して、地元庄内にスタジオを作りたいというものがあったのですが
映画づくりの全部が地元で出来る「庄内を日本のハリウッドに」計画には欠かせない施設。

雨の日はスタジオで。晴れている日は屋外でロケができるわけで
撮影隊のロスもずっと軽減できます。
ぜひ実現できたらいいですね。

シンポジウムの様子

質疑・意見交換では、活発に多くの手があがり
様々な映画のまちづくりに向けたご意見や取り組みのご報告がありました。

庄内映画村も、このシンポジウムを今後に活かしていきたいと思います。
関連記事

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://shonaieigamura.blog24.fc2.com/tb.php/323-b0b9b37c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード