Entries

別冊+act. Vol.2で『座頭市 THE LAST』 +庄内映画村

オープンセットができるまでの様子

5月12日(水)発売のメディアを追求・検証していくカルチャー誌「別冊+act. Vol.2」は
いよいよ5月29日と公開間近の映画『座頭市 THE LAST』の特集。

主演を務める香取慎吾さんのロングインタビューの冒頭から
いきなり映画のセットの話題に、思わずなんだかウルっときてしまったにゃぁです。

ふつう撮影所といえば、そういうセットが予め組まれていて、
そこで撮影するってことなんでしょうけど

「庄内映画村オープンセット」は、何もない場所に
その映画のためにセットを組んで、それをそのまま残し
一般のお客様にも見学いただいている施設。

『座頭市 THE LAST』のために作られた漁村・農村エリアも、
そこに昔から棚田などがあったわけではなく、広大な荒れ地を
すべて、一から、美術スタッフと地元の農家さん達の協力で
作り上げられたものです。

屋外だけでなく、室内もスタジオ撮りではなく、
その場所で撮りたいということで漁村・農村エリアのセットは
内部まで作り込んである建物も多く見所の多いエリアです。

セットを作り上げていく課程が、
美術監督・原田満生さんのお話と共に
本邦初公開の貴重な資料と共に紹介されています。

ぜひ、ご覧ください。

また、特別企画「厳選・撮影所案内」でも
庄内映画村オープンセットをご紹介いただいています。
(にゃぁが撮った写真も掲載されてて喜び一入) 



今日は、これから『座頭市 THE LAST』の業務試写会に行ってきます。
にゃぁは受付担当。

いよいよ待ちに待った作品をこの目でしっかと見てきます。

座頭市THE LAST バナー
関連記事

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://shonaieigamura.blog24.fc2.com/tb.php/234-d96e7579
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード