Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「松ヶ岡開墾場」が、日本遺産に認定されました

日本遺産でバンザイ

日本遺産とは……
地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを
「日本遺産(Japan Heritage)」に認定するとともに、
ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を
地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内外に戦略的に発信することにより、
地域の活性化を図る。
(文化庁ホームページより)

-------------------------------------
4月28日 平成29年度 日本遺産認定
「サムライゆかりのシルク 日本の近代化の原風景に出会うまち鶴岡へ」
-------------------------------------
ストーリー概要
山形県鶴岡市を中心とする庄内地域は、旧庄内藩士が刀を鍬に替えて開拓した
松ヶ岡開墾場の日本最大の蚕室群をきっかけに国内最北限の絹産地として発達し
今も養蚕から絹織物まで一貫工程が残る国内唯一の地です。

鶴岡市では、松ヶ岡以外にも六十里越古道沿いの田麦俣集落に、四層構造で暮らし・
養蚕などが一つの建物にまとまった多層民家が現存しています。

さらに、国内では、ここだけの精練工程が明治時代創業の工場で行われるなど、
絹産業の歴史、文化が保存継承とともに、新たな絹の文化価値の創出にも取組んでいます。

鶴岡を訪れると、先人たちの努力の結晶である我が国近代化の原風景を
街並み全体を通じて体感することができます。
-------------------------------------

このたび、庄内映画村資料館がある「松ヶ岡開墾場」が、日本遺産に認定されました。

山形県では、松ヶ岡開墾場から車で20分・羽黒山を初めとした「出羽三山」に続いて
北前船の酒田と共に3箇所目。

ここ松ヶ岡開墾場はじめ、田麦俣の多層民家(旧遠藤家住宅)や、
旧風間家住宅丙申堂、風間家旧別邸無量光苑釈迦堂、
致道博物館の旧渋谷家住宅、旧西田川郡役所、庄内藩校致道館 羽前絹練さん等
北限の絹まち・鶴岡の「サムライ・シルク」を語るにキーとなる場所、全てが日本遺産。

訪れてくださったみなさんに、すばらしい旅の思い出を、
満足いただけるよう、精進しなさいという認定だと理解しています。

地域のみなさんと、しっかりタッグを組んで、
気合いを入れなきゃと、スタッフと話をしているところです。
たくさんのお祝い、ありがとうございました。

さぁ、がんばっぞぉ!

-----------------------------------
>> 酒田 北前船寄港地 鶴岡 サムライシルク 日本遺産認定(荘内日報)
>> 魅力発信、努力実った・日本遺産認定(山形新聞)
>> <日本遺産>シルク生産拠点 戊辰敗れた藩士開墾(YAHOOニュース・河北新報)

▼ 俯瞰の桜風景がすばらしいです。どこより詳しい、さすが、お殿様のブログです。
>> 日本遺産認定「サムライゆかりのシルクー日本の近代化の原風景に出会うまち鶴岡へ」 (致道ブログ)

▼ 庄内映画村なので、こんな映画も紹介させてください。酒田でロケが行われました。 
>> 映画「シルク-SILK-」

スポンサーサイト

松ヶ岡本陣の一般公開が始まりました。

しだれ桜と松ヶ岡本陣

本日4月27日(木)より、今年も「本陣」の一般公開が始まりました。

400年前、庄内藩主となった酒井忠勝公が住んだ仮殿(高畑御殿)の一棟で、
明治初頭、松ヶ岡開墾時に開墾士たちの集会所・事務所となった建物。

松ヶ岡本陣

庄内藩主となった酒井家第三代 忠勝公は、元和8年(1622)に入部。
直ちに仮殿を鶴岡・高畑(現 鶴岡市上畑町)建て、これに住み、居城の拡張整備を始めました。
仮殿は「高畑御殿」と呼ばれ、居城の竣工後は、子息達の住居として使われていました。

貞亨3年(1686)、その中の一棟を藤島下町(現 鶴岡市西川原)に移し
藩主の江戸往復の際(参勤交代)の休憩所とし、「御茶屋」「藤島本陣」と称しました。

明治5年(1872)、松ヶ岡開墾事業が始まる際に現在地に移築。
集会所兼事務所とし、本陣と称し現在に至ります。

国指定史跡 松ヶ岡本陣は、平成10年度(1998)より3ヶ年をかけた修復保存工事が行われ、
地区の集会所として使われてきました。

2015年より、管理運営ボランティア、名付けて「本陣留守居役」のご協力を仰ぎ
竣工時より14年ぶりに一般公開の運びとなり、今年で3年目を迎えます。

松ヶ岡本陣

広いお座敷で、江戸や明治の世に思いを馳せながら
ゆったりとお茶でも飲みながら、お庭を眺めてみませんか?

松ヶ岡開墾120年間の歴史記録書「凌霜史」等も、販売しています。

松ヶ岡本陣

「氣節凌霜天地知」は、西郷隆盛翁より松ヶ岡開墾に際して送られた言葉。
それは松ヶ岡の心。

なぜ山形で、西郷さん?
かの戊辰戦争で幕府側として戦い、心ならずも賊軍とされ降伏した庄内藩に
罰を科せられて当たり前のところを温情ある措置で、蚕の生産等を奨励してくださった西郷翁。
以来、松ヶ岡のみなさんは、今も、西郷翁を恩人とし、家々に肖像画を飾っておられます。

2018年の大河ドラマは、「西郷どん」(せごどん)ですね。
主人公・西郷隆盛役の鈴木亮平さんは、ここ庄内にも映画の撮影でいらしており、
今から、みな、ワクワクと放送を楽しみにしている次第です。

「氣節凌霜天地知」 (きせつりょうそうてんちしる)
○その大変さを話さなくても、天と地は見ていますよ。
○時間をかけて大きな苦労を成し遂げると、人間として大きく成長することが出来ますよ。

松ヶ岡本陣

◆松ヶ岡本陣一般公開◆
開館期間/2017年4月27日(木)~11月中旬予定
開館時間/10時~15時30分
入館料/100円

※期間中、休館日はございませんが、
 貸切等、ご見学いただけない場合がありますのでご了承ください。

※連休中は、5月7日(日)まで、1日(月)を除き毎日開館しています。

松ヶ岡本陣のお問い合わせ
松ヶ岡開墾場 0235-64-1331(松ヶ岡産業 担当/清野)

「松ヶ岡桜まつり」開幕

松ヶ岡開墾場の桜のトンネル

「松ヶ岡桜まつり」開幕
本日より、23日(日)までの3日間の開催です。
暴れ風にも負けなかった桜のトンネルに、ぜひ会いに来てください。

http://www.s-eigamura.jp/html/matsugaoka.html


Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。