Entries

写真de道案内3 鶴岡公園 ⇒ 庄内映画村資料館 編

各所からの庄内映画村資料館への行き方を写真でご案内します。
鶴岡公園から 庄内映画村資料館 編です。

致道博物館、庄内藩校致道館、藤沢周平記念館等から
おいでになる方もこちらをご参考ください。
加茂水族館や鶴岡ICからも、まずは鶴岡公園目指していただければ
松ヶ岡開墾場まで、おいでいただけると思います。

所要時間は約15分~20分ぐらい

鶴岡公園や鶴岡市役所を左手に、藩校 致道館を右手に、
通称「羽黒街道」をひたすらまっすぐ羽黒山を目指します。

鶴岡公園付近

↑この交差点の手前の橋から、左手に朱色の橋「三雪橋」が見えます

↓こんな景色が見えてきたら、間違いなく進んでる証拠

羽黒街道

↑ローソンやレッドバロンがある交差点です。
カーナビが、鶴羽橋経由の道を案内する場合は右折指示出すかも。(その手前で出すか?)
右折でももちろんOKですが、直進の方がわかりやすいかと…

↓赤川花火大会の会場すぐ近く、羽黒橋を渡ります。 
 ここまで鶴岡公園から10分ぐらい。

橋を渡って右手の土手沿いを行くという手もありますが
わかりやすさでご案内すると、ここも直進。

羽黒橋を渡って

↑コメリや薬王堂が見えてきたら、次の信号右折です。

黒瀬の交差点

↑黒瀬の交差点。「松ヶ岡史跡」の文字が目印。右折します。

ゆぽか

↑日帰り温泉施設 やまぶし温泉 ゆぽかです。
 ここを左手に通り越します。(寄り道してひとっ風呂という手もあり)

↓ゆぽかを通り過ぎたら、最初に見える信号を左折します。

最後の信号

赤川の土手沿いから来てもこの信号にたどりつきます。

ここからまっすぐ

左折したら後はまっすぐ1.7km
晴れた日は、正面に月山、左手に鳥海山がきれいな一本道です。

開墾場石碑

開墾場の石碑を左手に直進

鶴羽橋、オープンセットに向かう交差点

この交差点、左側がオープンセット方面、右側が鶴羽橋方面。
各所からの合流地点

駐車場に曲がる

左手の「駐車場案内」を、くれぐれも見落とさないでくださいね。
新看板作成中。ご不便おかけします<(_ _)>
右手に大蚕室を眺めながら、道なりに進んで下さい。

↓曲がり損ねた場合、大蚕室が左手に、
右手に経塚山(小高い丘)と本陣が見えてきます。

直進しちゃった場合

さらに通り越すと、経塚山の麓にも駐車場があります。

カーナビご利用の方は、庄内映画村の代表番号 0235-62-2080
もしくは、同じ敷地内にある松ヶ岡開墾記念館の 0235-62-3985
をセットしてください。

お問い合わせ番号(0235-62-2134)では、案内してくれないナビが
多いようなのでご注意ください。
住所は、〒997-0158 山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡字松ヶ岡29です。

それでは、お気を付けて、ご来館お待ちしております。

写真de道案内2 スタジオセディック庄内オープンセット ⇒ 庄内映画村資料館 編

各所からの庄内映画村資料館への行き方を写真でご案内します。
スタジオセディック庄内オープンセット(旧 庄内映画村オープンセット)から
庄内映画村資料館への交通アクセスのご案内。

所要時間は約15分~20分ぐらい

櫓太鼓を背に、まずは、オープンセットに向かった道を戻ってください。

玉川庭園の看板が見えたら左折

庄内あさひICに向かう道(庄内こばえちゃライン)の1つ手前に、
玉川寺庭園の看板が見えてきたら左折です。(玉川寺への寄り道もオススメ)
曲がり損ねたら、こばえちゃラインで左折しても大丈夫です。

のぐちをめざす

こばえちゃラインを横断します。あとはしばらく直進。

のぐちを左手に直進

直進です。

まっすぐススメ

直進です。

今井繁三郎美術収蔵館前

今井繁三郎美術収蔵館さんを左手に直進です。
寄り道もオススメ♪

↓柿畑が広がる、こんな景色が見えてきたら、そろそろ左折です。

難所?

ここが難所。
右側に松ヶ岡開墾場の石碑が見えてきたら左折
↓交差点拡大

大切なことなので繰り返します

資料館の看板あるんですけど、草木に隠れて直近に来るまで見えないorz
ここを通り越してしまうお客様が多くて。見通し悪すぎですみません。
ただいま改善に向けあれやこれやと… ご不便おかけします。

駐車場に曲がる

左折後、すぐにこんな景色が見えてきます。
左手の「駐車場案内」を、くれぐれも見落とさないでくださいね。

ここも新看板作成中。重ね重ねご不便おかけします<(_ _)>
直進しても駐車場はありますが… 念のため。

右手に大蚕室を眺めながら、道なりに進んで下さい。

松ヶ岡開墾場付近

まもなく駐車場が見えてきます。 お疲れ様でした。

カーナビご利用の方は、庄内映画村の代表番号 0235-62-2080
もしくは、同じ敷地内にある松ヶ岡開墾記念館の 0235-62-3985
をセットしてください。

お問い合わせ番号(0235-62-2134)では、案内してくれないナビが
多いようなのでご注意ください。
住所は、〒997-0158 山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡字松ヶ岡29です。

なお、庄内映画村オープンセットは、この春から名称が
「スタジオセディック 庄内オープンセット」となり、運営会社も変わりました。
オープンセットのご案内は、電話 0235-62-4299 までお願いいたします。

それでは、お気を付けて、ご来館お待ちしております。


写真de道案内1 山形道庄内あさひIC ⇒ 庄内映画村 編

ローテク・ストリートビュー? 
各所からの庄内映画村資料館への行き方を写真でご案内します。
まずは、山形道庄内あさひIC ⇒ 庄内映画村 編

山形市・仙台方面からおいでの方は、
山形道 庄内あさひICが、最寄りのインターとなります。 所用時間約20分。

インター出口を出たら、まずは左折
「庄内こばえちゃライン」(広域農道)を北上します。

山形道庄内あさひIC ⇒ 庄内映画村 その1

羽黒山五重塔の看板が見えてきたら、ここから映画村がある鶴岡市羽黒町。
交差点左手にある看板に注目のご準備を!
ちなみに、この近くの田んぼのあぜ道で、山田洋次監督の「たそがれ清兵衛」のロケが行われました。

まだここでは右折しない

俳優・火野正平さんが、相棒の自転車"チャリオ"とともに全国を訪ねる
NHK「にっぽん縦断・こころ旅」で、松ヶ岡においで下さった時に通った道をご案内します。

この看板で左折していただいても結構なんですが
左折しそこなったら、次があるさ(笑)

めずは松ヶ岡!

めざすは松ヶ岡!

旧羽黒4小手前の交差点

山形道庄内あさひIC ⇒ 庄内映画村 編

遠くに、道路の上を横切る青い水道橋(といういい方でいいのかな?)が見えてきたら
手前にある信号のある交差点(右手に旧羽黒4小が見えます)を左折です。
左手に案内板もあります。

道なりに進んで、突き当たったら、右折

山形道庄内あさひIC ⇒ 庄内映画村 編

すると、番組をご覧いただいた方なら見覚えがあるかと…
火野正平さんが、鳥海山がきれいだと、ペダルを漕いでた庄内平野が広がる一本道

二股に分かれた道は左手へ
そう、チャリオを停めて、火野さんが眺めてた看板がコレ↓

庄内あさひICから庄内映画村へ

庄内柿の畑の真ん中をひた走る

↓ここにたどり着いたら右折。開墾場まで後500メートル。
ちなみに左に行くと、かつて「蝉しぐれ」などを撮影した「松ヶ岡オープンセット」があったところに。
今は、畑に戻り、見学できませんので、あしからず。

右折です

道なりに進んで、柿畑の向こうに大きな屋根が見えてきたら、
そこが、庄内映画村資料館がある松ヶ岡開墾場。
庄内米作り用具収蔵庫の屋根です。

とうちゃこぉ

「とうちゃこぉ~」 お疲れ様でした。
収蔵庫の向こう側が、無料の駐車場になっておりますので、ご利用ください。

一般道ご利用の方は、国道112号線、産直あさひグー(火野さんがおそば食べたお店)の
交差点を産直側に右折すると、庄内あさひICにたどり着きます。

カーナビご利用の方は、庄内映画村の代表番号 0235-62-2080
もしくは、同じ敷地内にある松ヶ岡開墾記念館の 0235-62-3985
をセットしてください。

お問い合わせ番号(0235-62-2134)では、案内してくれないナビが
多いようなのでご注意ください。
住所は、〒997-0158 山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡字松ヶ岡29です。

それでは、お気を付けて、ご来館お待ちしております。

荘内藩甲冑研究会 10/19に新作甲冑展示会

侍大将級甲冑5領が完成

荘内藩甲冑研究会「甲冑制作教室」も今年で3年目。
毎週土日に、松ヶ岡開墾場・新徴屋敷を工房に制作が行われ来ました。

このたび、侍大将級甲冑5領が完成し、
そのお披露目会が、10月19日に荘内神社参集殿で開かれます。

会員のみなさんがこれまでに制作した足軽甲冑、今年完成した大将甲冑はじめ、
指導下さっている日本に残る7人の甲冑師のひとり・熱田伸道氏制作による甲冑を展示します。

会場には、型紙・制作工程の甲冑部位も並び、会員のみなさんが解説してくださるそうですよ。

熱田氏の「甲冑制作と歴史まつり」についてのトークや
荘内藩甲冑武者隊による甲冑着付けのパフォーマンスなども予定されてます。

荘内藩甲冑武者隊at松ヶ岡

昨日の日曜も、甲冑武者隊のみなさんが開墾場内を歩いてくださって、
記念写真を撮る方など、ご来場の方達に大人気でした。

3ヵ年に渡る「甲冑制作教室」も今年で一区切り。
来年5月より第二期となる新たな甲冑制作教室の開講が予定されています。
4月には募集要項が発表されると聞いていますので要チェック!

熱田氏監修のもと、第一期の受講生達が指導にあたり
城下町・鶴岡で、さらなる甲冑師の育成を目指す…

あなたも、どうです? 自分の手で甲冑を作る…
まずはその技を、仕事を、会場までご見学においでください。

◆荘内藩甲冑研究会 新作甲冑展示会◆
日時/10月19日(日) 午後6時30分~
会場/荘内神社参集殿(鶴岡公園内)

◇タイムスケジュール
18:30 開場
     甲冑の型紙・制作工程部位の展示・解説
19:00 甲冑の着付けパフォーマンス(荘内藩甲冑武者隊)
19:30 「甲冑制作と歴史まつり」について(熱田伸道氏)
20:00 閉会

【お問い合わせ】
荘内神社 TEL 0235-22-8100
http://jinjahan.com/

「通な旅人おもてなしクイズラリー」好評につき期間延長

通な旅人おもてなしクイズラリー

山形DC応援企画として開催しておりました庄内映画村資料館の
「通な旅人おもてなしクイズラリー」

大好評につき、さらに賞品を追加投入し、期間を延長、
冬季休館に入る12月15日(月)まで開催することになりました。

1.受付で、クイズラリー参加用紙をゲット。
2.館内の展示物をヒントにクイズに解答。問題は全部で10問。
3.受付で答え合わせ。

全問正解の方には、もれなく賞品をプレゼント!

館内の展示物をご覧いただくと、答えのヒントが隠されています。
通な旅人にして、通な映画ファンな方には、楽勝の問題ばかり。

これが、参加された方に大好評で、
何もなければ、ついふわっと見ちゃうような撮影資料の隅々まで、
じっくり見ることが出来て、楽しめた!との感想を多数いただきました。
企画してホントよかったとスタッフ一同はしゃいでおります(笑)

庄内映画村資料館が2倍楽しめる「クイズラリー」
ぜひ、あなたもご来館の際はご参加ください。

賞品を追加投入はいたしましたが
開催期間中でも、賞品が無くなり次第終了となりますので
お早めに、ご来館くださいまし (^_-)-☆

庄内映画村資料館 秋の特別展「回顧de蘇る ホッとなる昭和展」

ホッとなる昭和展

まだ、残暑厳しい折りではありますが、朝夕はめっきり涼しく
松ヶ岡を飛び交うトンボに秋の気配を感じる昨今。

昔を思い出したり、想像・空想・妄想の翼を広げたりすると
心が温かくなるだけでなく、体温も少し上がるんだそうでござるよ。
さらには、懐かしい記憶は将来への展望をも引き上げるとlifehackerに…^^;

ということは、肌寒い時や、何か行き詰まりを感じた時は、昔を懐かしめばいいのだ!
まもなく敬老の日もやってくる…
若返り・アンチエイジングやボケ防止にもいいらしい…(^m^)

というわけで、庄内映画村資料館は、この秋、「脳が喜ぶ遊園地」をめざし、
特別展「回顧de蘇る ホッとなる昭和展」
9月6日(土)より、前期・後期と展示替えして開催します。

「蚕」と「回顧」を、かけただろう~ その通り! (・ω<)
9月は、晩秋蚕の飼育風景も、おカイコさまの蔵で見学できる松ヶ岡開墾場♪

前期9月6日(土)~10月13日(月・祝)は、秋乃宮コレクション特集

レトロな看板、ブリキのオモチャ、ブロマイドに、駄菓子屋さん…
大正・昭和の生活用品などを展示し、惜しまれながらも2010年に閉館した
「秋乃宮博物館」「秋乃宮博物館2・れとろ館」が蘇る!

館長の油谷滿夫さんが60年以上かけて集めたコレクションが
この秋、庄内映画村資料館にやってきます。

DVDシアターが、懐かし昭和のお茶の間に大変身!
昭和の生活用品を中心に、油谷さんご自慢の品が見学いただけます。
映画のポスターやパンフ、雑誌なども懐かしい域を超越する品の数々。

映画ファンいやマニア、ムム、まだ甘いなぁ…
そうだ! シネマディクト(映画狂)で行こう!

後期は、10月18日(土)から資料館が冬季休館に入る12月15日(月)まで
シナマディクト・今井利明さんのコレクション特集

近くて懐かしい映画のポスターやパンフレット、チラシなどが勢揃い。
まさに映画ファン垂涎の品々が館内に並びます。

すっ凄いんです。ホント。今井さんのコレクション。
展示の準備しながら、思わず手が止まることしばしば…
今井コレクションは、初の一般公開となります。

そんなわけで、明日2日から、展示替えに入ります。
通常であれば休館してやるんでしょうが、資料館は休みません。

粗品進呈!

前後期の入れ替え時期(10月14日~17日)含め、展示替え時期に
ご来館のお客様に、心ばかりの懐かしグッズを進呈。

お好きなの1つ、選んで持って帰ってね(^_-)-☆

◆庄内映画村資料館 秋の特別展「回顧de蘇る ホッとなる昭和展」◆
前期:9月6日(土)~10月13日(月・祝)/秋乃宮コレクション特集
後期:10月18日(土)~12月15日(月)/今井コレクション特集

[営] 9:00~17:00(最終入場16:30)
[休] 期間中無休(12月16日より来春3月下旬まで冬季休館)
[料] 一般 500円、小中学生 200円、幼児無料
  ※団体20名様以上50円引き

お問い合わせ 庄内映画村 TEL 0235-62-2134

Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード