Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「俳優ワークショップin山形」と『くらげとあの娘』関係者試写会

俳優ワークショップin山形 キッズクラス

1月25日と26日の2日間に渡り、第7回めとなります
映画24区さん監修による「俳優ワークショップin山形」が
鶴岡駅前・マリカの研修室を会場に開催されました。

今回も、前回に引き続き、映画「おしん」で、濱田ここねちゃんの
演技トレーナーを担当された俳優の中台あきおさんがキッズクラスを
そして、冨樫森監督が、一般クラスを担当する2クラスでの開講。
どちらのクラスも共に、定員いっぱい。大盛況のワークショップでした。

午前中はキッズクラス。
受講生は、5歳から14歳までと年齢層も幅広く、
ご指導も大変かと思うのですがそこは、さすが中台さん。

ご出演の映画『永遠の0』拝見しましたよぉ。
『かぐや姫の物語』にもお名前が。大活躍の俳優さんにして名トレーナー。

お芝居が始まる前にストレッチで身体をほぐし
昆布になったり、波になったり…

氷・水・お湯では、どこが違う。それからどんな人や性格を連想する?
子ども達それぞれが、自分で考えて身体で表現していくのですが
氷は…、水は… と、みんなで話し合う場面では
子ども達の豊かな発想には、ほんとに驚かされました。

つい一緒になって考えてた自分の既成概念が恥ずかしい。
シナリオ勉強中の身にも、大変学ぶこと多し。

さらに、話し合った後の子ども達の表情や身体の動かし方が全然違う。
自ら考え表現することを学ぶワークショップ。

俳優ワークショップin山形 一般クラス

午後からは一般クラス。
冨樫森監督が担当するワークショップはこれで5回目。
常連さんの受講生も多く、真剣さの中にも和やかな雰囲気。
回を重ねるごとに、皆さん、どんどん力をつけられているように感じます。

今回は、2回目になりますね、小津安二郎監督の『東京物語』を題材に
笠智衆さんが演じたお父さんになったり、原節子さんになったり(笑)
監督のアドバイスで、どんどん変わっていく様は圧巻でした。

一般クラスも、15歳から75歳までと幅広い年齢層の受講生。

特に、75歳と最高齢の受講生である鶴見功さんは、庄内で撮影された映画やドラマの
ほとんど全てに、エキストラとして参加されておられまして(エキストラの重鎮?!)
先日放送されたNHK土曜ドラマ『足尾から来た女』には、なんとキャストとして出演。
エンドロールにもしっかりお名前が出てましたぁ。

映画『おしん』をはじめ、
今夏・秋に公開される『るろうに剣心』『超高速!参勤交代』などなど
受講生達の活躍の場は、庄内キネマ作品にとどまらず広がっています。

映画『くらげとあの娘』関係者試写会

というわけで、もちろん受講生が多数参加といえば
庄内キネマ製作委員会の作品。

第3回めの作品となります『くらげとあの娘』の関係者試写会が
宮田宗吉監督や、加茂水族館の村上館長、奥泉副館長も会場に駆けつけ
ワークショップ初日終了後に、鶴岡まちなかキネマで開かれました。

撮影にご協力いただいたみなさま、誠にありがとうございました。

ゆらゆらと漂うクラゲ、ゴンチチさんの嫋やかで心癒やされる音楽…
加茂水族館を舞台に繰り広げられるラブストーリー
ご期待ください(^_-)-☆

映画『くらげとあの娘』は、加茂水族館のリニューアルオープンに
合わせての公開となります。

さらに今回は、2月に撮影が行われる「半農×半映画」プロジェクトの集大成として、
冨樫森監督総合監修・山形を舞台にした短編オムニバス映画(3編)の
ロケハンなども並行して行われスタッフ大忙しの2日間でした。

みなさんお疲れ様でした♪

>> 映画『くらげとあの娘』作品紹介
>> 映画『くらげとあの娘』Facebookページ  ←「いいね」よろしくお願いします<(_ _)>


スポンサーサイト

第2回「松ヶ岡雪灯篭まつり」が2月15日に開催されます。

松ヶ岡雪灯篭まつり

昨年に引き続き、雪景色の松ヶ岡開墾場を楽しむイベント
「松ヶ岡雪灯篭まつり」が2月15日(土)に開催されます。

みんなでミニ灯篭を作ったり雪遊びをしたり
竹の露さんご提供による新酒を味わったり
kibisoの展示販売など様々なイベントでお楽しみください。

■ タイムテーブル----------------------------
13:30~ ミニ灯篭づくりと雪山あそび
16:00~ 第2回松ヶ岡写真コンテスト表彰式
16:30~ 新酒を味わう会 ~松ヶ岡の歴史で楽しむ新酒タイム~
17:00~ 雪灯篭点灯式
18:30~ 新酒を味わう会 ~お酒のお話で楽しむ新酒タイム~
------------------------------------

松ヶ岡雪灯篭まつり

------------------------
◆松ヶ岡焼で味わう「新酒を味わう会」◆
会場/松ヶ岡本陣内特設会場
時間/16:00~20:00
    16:30~ 松ヶ岡の歴史で楽しむ新酒タイム
    18:30~ お酒のお話で楽しむ新酒タイム
チケット/2,000円(おつまみ付き)
定員/50名
※お着物でご来場の方、割引特典あり
※松ヶ岡焼のお猪口プレゼント
------------------------

自分で作ったお猪口で、羽黒の新酒を楽しみたい方には
「自作 ぐい呑みづくり」を1月25日(土)までやっています。
松岡窯陶芸教室 陶の蔵さん(0235-62-4824)までご予約下さい。
料金は1,000円となっております。

「松ヶ岡雪灯篭まつり」のお問い合わせは
松ヶ岡地域振興会議事務局(TEL&FAX 0235-64-1331)まで

松ヶ岡倶楽部会員も募集中!

庄内映画村資料館:3月21日より開館します

雪の庄内映画村資料館

ただいま冬季休館中の庄内映画村資料館の開館日が決まりました。
今年は、3月21日(金)、春分の日よりシーズンインします。

展示内容をリニューアルして、
春先は、江戸末期の享保雛など、おひな様も飾って
みなさまのおいでをお待ちしています。

なお、冬季休館中でも、団体様のご見学につきましては、
ご予約を承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

雪の松ヶ岡開墾場

真っ白な雪に包まれた松ヶ岡開墾場。
(大きい写真でご覧になりたい方は資料館のFBで)

青空が広がり陽が差してきたかと思えば、
地吹雪がブオっと吹きまくり、一寸先は真っ白なホワイトアウト状態になったり
秋と女心以上に、天気がめまぐるしく変わる本日のお天気。

とはいえ、今冬の庄内は、例年より雪も少なめで、除雪疲れも今のところなく(笑)
まだまだ気の許せる時期ではないことは重々承知しておりまするが
この調子で、春がやってこないかと願ってる次第です。

なお、1月25日(土)・26日(日)開催の
「俳優ワークショップin山形」の一般クラスは定員に達しましたので
締め切り前ですが、お申し込みを打ち切らせていただきます。
キッズクラスについては、まだ若干のアキがありますので
お申し込みをお待ちしています。
※一般・キッズクラス共に募集を締め切りました。(1/20記)

さて、今週土曜日1月18日と、翌週の25日の2回に渡って
昨秋に、ロケが行われたNHKの土曜ドラマ『足尾から来た女』が放送されます。

尾野真千子さんが、明治末のたくましく生き抜く女性を演じます。

エキストラのみなさん、お疲れ様でした。
いよいよオンエアですね(^_-)-☆

◆NHK・土曜ドラマ 『足尾から来た女』◆
1月18日/25日(連続2回) 
総合テレビ 夜9時~
>> http://www.nhk.or.jp/dodra/ashio/

お見逃しなく!


謹賀新年 今年もよろしくお願いします。

25年年賀状

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は、皆様より多大なるご支援・ご協力を頂きまして
誠にありがとうございました。

今年は、12年に一度の「羽黒山午歳御縁年」
そして山形ディスティネーションキャンペーンの年でもあります。

さらに、鶴岡市立加茂水族館を舞台にした映画
庄内キネマ第3回作品『くらげとあの娘』(宮田宗吉監督)の公開が
水族館のリニューアルオープンに合わせ、初夏に予定されています。

本年も、尚一層のお引立てと ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

庄内映画村スタッフ一同


Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。