Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さよなら現加茂水族館」閉館イベントが開催されました。

「さよなら現加茂水族館」閉館イベント

宮田宗吉監督や、アコースティックギターデュオGONTITI(ゴンチチ)さんをお迎えして、
11月23日(土)に、「さよなら現加茂水族館」閉館イベントが開催されました。

庄内キネマ第3回製作作品『くらげとあの娘』の舞台
鶴岡市立加茂水族館が、来年2014年6月のリニューアルオープンを前に
今月末をもって一旦閉館となることから催されたイベント。

定員100名のところ、200名を超えるご応募があったそうで
世界一の展示種を誇る(この日は、50種類近く)
クラゲの展示室「クラネタリウム」に特設されたLIVE会場は、
ご招待のお客様に加え、関係者を入れて150名というかなり密度の濃い満席御礼状態。

『くらげとあの娘』に出演したキャストやエキストラさん達も会場にかけつけてくれました。
ちなみに、この日のMC担当、『夏がはじまる』主演、FM山形ラジオロイドでおなじみ
齊藤絵美ちゃんも、主人公の元カノ役で出演してます(^_-)-☆

映画『傷跡』『夏がはじまる』で、助監督を担当した宮田監督。
3年前、初めて冨樫監督から加茂水族館に連れてきてもらい
その雰囲気の良さに感動した話や映画を撮ることにいたった経緯
作品にかける意気込みをお話くださいました。

このクラネタリウムには見えないものがいると話す村上館長。
出るんだそうですよ ⇒ 詳しくは「館長ブログ」で

まだ民営で経営が苦しかった頃に、偶然出会ったクラゲ。
神様が、クラゲになってやってきてくれた
今日は、ゴンチチさんに来ていただいて、クラゲも見えないものも喜んでいると感慨深げな館長。
それ「ユーレイクラゲ違いますか?」とゴンチチ・チチ松村さんからのツッコミに大笑い。
村上館長も、主人公の父親役で出演。その時の様子などもお話くださいました。

「さよなら現加茂水族館」閉館イベント

待ってましたのゴンチチさんのミニLIVEでは
映画で使われる曲は公開までお楽しみということで…

チチ松村さんが、流れが一番美しく大好きだというミズクラゲ
夕方の海に、プカプカと浮かぶ様子を描いたという
タイトルもズバリ「夕海月(ゆうくらげ)」に始まり
映画『卒業』でお馴染み「スカボロフェア」
常盤貴子さん出演のCMの曲ですね「放課後の音楽室」
映画『サウンド・オブ・ミュージック』から「マイ・フェイバリット・シングス」の
4曲を披露くださいました。

私め、ビデオまわしてたんですが、あまりに嫋やかで心癒やされる音色に、
もうカメラ固定にしちゃって聴き入ってしまったという
お~い ちゃんと仕事しろぉぉいってな感じで…^^;

う~ん もっと聴きたかったぁ!!
今度は、ぜひぜひ鶴岡でコンサートを!

コンサートが実現するまで、NHK-FMで毎週土曜
朝9時からオンエア中の「世界の快適音楽セレクション
こちらをじっくり聴かせていただきます。

ゴンチチのお二人は、初めての加茂水族館。
館長の苦労話に、よくぞここまでと泣きましたと。

大のクラゲファンとしても有名なチチ松村さんの著書「私はクラゲになりたい」は、
まさにこの映画の原案と言ってもいいくらいと話す宮田監督。

ゴンチチさんが『くらげとあの娘』の音楽を担当することになったのは、
なんと日本全国に広がるクラゲ仲間のネットワーク。
クラゲ好きのみなさんの熱い気持ちに支えられた映画です。

クラゲのためなら何でもしたいというチチ松村さん。
ゴンザレス三上さんも、監督の熱意、
仮編集の画面をみた時の構図、全体の流れの良さ、リズムに
よしOK!という運びになったのだそうです。

「さよなら現加茂水族館」閉館イベント

トークショー&ミニLIVEの前には、鶴岡ギターアンサンブルのみなさんによる演奏もあり
ゆらゆらと揺れるクラゲたちに囲まれながら、素敵なひとときを過ごさせていただきました。

ギターアンサンブルの代表の方が、ゴンチチさんのギターが優しいのは
お二人の人柄がそのまま音色に響いているんだなぁと
控え室で、つぶやいてらした言葉を小耳にし思わずうんうん(^^)



会場でも上映された映画『くらげとあの娘』の特報。
特報だけに、これは一体何の映画かと思われましょうが
特報と予告編は違います。違いは、ネットをグぐってね(^_-)-☆

何も執着しなければ、何も失わない
クラゲの飼育係にして、クラゲになりたい男が、
ある日、クラゲ採集にいった先で素敵な女性に出会って恋をするお話です。

既に編集は終わり、現在、ゴンチチさんの音楽などを入れて
最後のツメに入った『くらげとあの娘』。年内には完成の予定です。

2万匹を越すミズクラゲが、40トン(ちなみに現在は4トン)の水槽の中でゆらゆらする
新加茂水族館が「クラゲドリーム館」となってリニューアルオープンするのに合わせ、
『くらげとあの娘』も山形先行公開となります。

イベントが行われたこの建物の場所は、その頃は駐車場。
でもフィルムの中に、私たちが幼い頃から慣れ親しんだ水族館が残ります。

公開の暁には、ぜひ、みなさん劇場まで足をお運びいただけると誠に嬉しく<(_ _)>

>> 『くらげとあの娘』Facebookページ ← 「いいね」ぜひクリックを!


スポンサーサイト

第1回「半農×半映画」プロジェクトが開催されました。

半農×半映画プロジェクト

農業を体験しながら、合宿スタイルで俳優とシナリオを学ぶ
県外在住の方を対象としたワークショップ
「半農×半映画」プロジェクトの第1回めの講座が
11月20日(水)~22日(金)(2泊3日)に開催されました。

修験の里・羽黒の宿坊「大進坊」さんに寝泊まりしながら
鶴岡駅前のマリカ東館の研修室を会場に
俳優クラス、脚本クラスそれぞれ、みっちりがっちりの3日間。

半農×半映画プロジェクト 俳優クラス

俳優クラスは、冨樫森監督、水元泰嗣監督を講師に
東北芸術工科大学映像学科の風間大樹さんも加わり
3チームに分かれ、エチュードと呼ばれるレッスン形式での講座。

冨樫監督の迫力ある「よ~い、はいっ!」のかけ声、
久しぶりに聞きましたが、毎回気持ちが引き締まるというか…

冨樫監督の講座って、撮影現場と変わらぬ緊張感があって、
ただ見学してるだけでも、どんどん引き込まれちゃうのです。

半農×半映画プロジェクト 脚本クラス

一方、脚本クラスは、脚本家・山田耕大さんを講師に迎え
事前課題として作成していったプロットをもとに、
山田先生のアドバイス、他の受講生との合評を踏まえ
3日間で、1編書き上げるという講座。

私も、脚本クラスを受講させていただいたんですが
宿坊に戻ってからも、部屋で課題を書き上げるべく
連日パソコンを前に2時~3時までみっちり。

さらに最終日は、講座がクローズした後に、
スケジュールの許す受講生達だけで、完成した作品の合評会も。

ハードではありましたが、得たものの大きさは
何物にも代えがたい3日間でした。

半農×半映画プロジェクト 農業体験

2日目の午前中に開かれた農業体験。
当初、赤カブの収穫を予定していたのですが、あいにくの天気で
月山高原にあるハグロファームさんで、山芋の土落としのお手伝い。

この体験を、さっそく脚本に反映させる受講生も…
山芋は、みんなでお手伝いしてその夜のお膳に天ぷらとなって登場。

半農×半映画プロジェクト 宿坊にて

宿坊で、おいしい精進料理のお夕飯をいただきながら
半農×半●●な若手農家のみなさんのお話を伺うという講座も開かれ
机の上に向かってるだけのワークショップでは得られない収穫の多い
「半農×半映画」プロジェクトでした。

最後の総評では、庄内・鶴岡の食や自然の魅力を語ってくださる方も多く
映画に携わる方に庄内ファンが増えてくれるってことは
「夢は日本のハリウッド」計画が着々と前進しているような気持ちになりまして、
これからもこのプロジェクトが毎年開催されるといいなと思った次第です。

中には、感動のあまり涙を流す受講生もいてね(私も… 歳を取ると涙腺がどうも^^;)
俳優クラス、脚本クラス共に充実の3日間でした。

このプロジェクトの様子が、テレビで観られるかも…
放送が決まったら、改めてご案内しますね。

地方で脚本を勉強していると、なかなか仲間を得るのが難しいのですが、
同じ志のみなさんとお話出来たことはたいへん参考になり、また大きな喜びとなりました。
みなさんと、またお会い出来たらうれしいなぁ~♪

というわけで、ただいま12日(土)~日(月)開催の
第2回目の講座の受講生を募集しています。

俳優クラス・脚本クラスいずれも、締切は、12月2日(月)必着です。

詳しくは、下記ページをご覧ください。
>> 「半農×半映画」プロジェクト:俳優&脚本クラス受講生募集



「半農×半映画」プロジェクト:俳優&脚本クラス受講生募集

俳優&シナリオワークショップ

第1回めは無事終了いたしました。
ただいま第2回めの受講生を募集しています。※お申込み、12月2日(月)必着。


映画24区さんの監修で、農業を体験しながら
修験の里・羽黒の宿坊「大進坊」さんに寝泊まりし
2泊3日の合宿スタイルで俳優とシナリオをがっちり学ぼうという
ワークショップ「『半農×半映画』プロジェクト」が開催されます。

「半農×半映画」プロジェクト日程
第1回 1120日(水)~22日(金)
第2回 12日(土)~日(月)

「半農×半映画」プロジェクトとは、総務省定住自立圏等推進調査事業の支援で
映画界での活躍を目指す俳優や脚本家に向け、地方での仕事に携わりながら
一方で、映画人としてのスキルを高めるための良質な教育・鍛錬の環境を
まち全体で支援していく… という企画。

なんと受講は無料!
鶴岡までの交通費往復分は個人負担となりますが
ワークショップ期間中の宿泊費・食費も主催者側で負担します。
受講料無料の対価として、農作業でみっちり汗を流してください(笑)

なお今回は、県外から参加の方を対象にしたワークショップです。
地元のみんなは、次回の案内をお待ちあれ!

ワークショップの集大成として、冨樫森監督総合監修のもと、
来年2月中旬に鶴岡で、山形を舞台にした短編オムニバス映画(3編)
の撮影も予定されています。

◆「半農×半映画」プロジェクト 俳優クラス◆
映画『おしん』の冨樫森監督、『鈴木先生』の橋本光二郎監督
『星☆に願いを』の水元泰嗣監督などを講師に迎え、
合宿スタイルの集中的な訓練で、俳優としての飛躍的な
スキルアップを目指します。
>> 俳優クラスの詳細

◆「半農×半映画」プロジェクト 脚本クラス◆
映画『おしん』の脚本家・山田耕大さんを講師に迎え
企画・プロットづくりを中心としたワークショップ。
短編映画の3編のうち、1編は力量及び提出いただいた課題を踏まえ
脚本クラス参加者の中から執筆して頂く予定です。
>> 脚本クラスの詳細

俳優クラス、脚本クラスいずれも、締め切りは
第1回のお申し込みが、11月15日(金)必着
第2回は、12月2日(月)必着となっております。

>> 参加申込書 (PDF)

上記の申込用紙をダウンロードの上、
必要事項をご記入いただき、下記までお送りください。

奮ってのご参加、お待ちしております。

【お問い合わせ・お申し込み】
〒997-0158 山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡字松ヶ岡29 庄内映画村(株)内
「半農×半映画」プロジェクト運営事務局 担当:岩田
Tel : 0235-62-2080
E-mail : info@eiga24ku.jp

Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。