Entries

邦画初! 映画「おしん」 金鶏百花映画祭で最優秀作品賞受賞

授賞式にて。冨樫森監督と丸山副社長

関係者のみなさん、ほんとに、ほんとに、おめでとうございます。

やりました!! 10月12日からの全国公開を前に嬉しいニュース。
映画『おしん』が、第22回 金鶏百花映画祭の国際映画部門で
最優秀作品賞を受賞しました。

冨樫監督と共に、中国・武漢での授賞式に出席していた丸山副社長。
「最優秀とっちゃったよ」という電話の声が、もう喜び一杯で
いつもより2トーンぐらい高いというか(^m^)

喜びに沸く映画村

映画村も、朝からお祝いムード満点!
お祝いの号外?を、オープンセットと資料館においでのお客様に配布。

留守を守るスタッフ達も、受賞を大喜び。
あちこちで、「おめでとう。よかったね」の声が飛び交ってます。

夕べ入った連絡に、TwitterFacebookでは、一足お先にご報告したのですが
舞い上がってた気持ちが落ち着いたところで、改めてブログでご嬉しい報告を。

金鶏百花映画祭にて

中国版アカデミー賞としても知られ、中国の映画業界関係者、製作者、
そして一般の人々からの投票も含め大賞を決定する参加者約4万人規模という
中国本土最大の映画祭である金鶏百花映画祭。

邦画では、08年に『おくりびと』が、作品賞、監督賞、
そして主演の本木雅弘さんが男優賞を受賞。
10年に『孤高のメス』が、外国映画部門優秀賞を受賞していますが、
最優秀作品賞の受賞は『おしん』が、日本映画としては初めてという快挙。

なんと『おくりびと』を超えちゃったわけですか。 わぁぁぁ!!!
にしても、数少ない邦画受賞作のうち、2つが庄内ロケ作品って凄くないですか?

米・アカデミー賞だって、『おくりびと』に『たそがれ清兵衛』だし
映画関係者のみなさん、庄内で撮ると、いいことあるかもですよ (^_-)-☆
ロケのご相談は、庄内映画村まで… って、いきなりのロケ誘致攻撃(^m^)

世界68の国と地域で放送されているTVドラマ版「おしん」
中国でも、日本で最初に放送された翌年の1985年3月から
「阿信」(アーシン)として中国語の吹き替えで放送されたそうです。

その時の北京での視聴率は、なっなんと75.9%!
日本での視聴率だって、テレビ放送60年の歴史で最高視聴率を誇る
62.9%という凄い数字なのに、それを遙かに上回る記録ではござりませぬか。
そんな中国の映画祭でいただいた栄えある賞。

第22回金鶏百花映画祭 授賞式

授賞式で、最優秀作品賞が発表されると
「30年前、中国でも非常に話題をさらったあの”阿信”が
映画になって帰ってきました!」と司会の方も大興奮だったとのこと。

客席からの大喝采のなか、笑顔で壇上へ向かい
トロフィーを受け取った冨樫森監督。

第22回金鶏百花映画祭 授賞式

> 苦労を共にした全てのキャストとスタッフと一緒に
> この映えある賞をいただきたいと思います。
> あの極寒の山形で、親もとを離れて一人で頑張った濱田ここね、
> この賞はあなたのものです。
> あなた無くして、この映画はできなかった…

この冨樫監督のコメントを読んで、思わずウルッと…
試写で泣かされ、コメントで泣かされ もう… 監督ぅぅ

100倍返し… もとい 喜びの微笑み返しで、
無事のお帰りお待ちしてます。

>> 「おしん」中国の映画祭で最優秀賞 冨樫監督が授賞式に (山形新聞)
>> 映画「おしん」が最優秀作品賞…中国の映画祭 (読売新聞)
>> 「おしん」、中国の映画祭で最優秀作品賞を受賞 (朝日新聞)
>> 「おしん」に最優秀作品賞 中国の金鶏百花映画祭 (日本経済新聞)
>> 日本映画初の快挙! 映画「おしん」が中国最大の映画祭国際映画部門で最優秀作品賞(映画.com)
>> 映画『おしん』が中国のアカデミー賞で国際映画部門最優秀作品賞を受賞! (ムビコレ)
>> 中国で「おしん」に最優秀賞 金鶏百花映画祭 (47ニュース)
>> 「おしん」が中国映画祭で最優秀作品賞 (時事通信)
>> 「おしん」中国映画祭で最優秀作品賞を受賞 (サンスポ)
>> 映画「おしん」 中国で最優秀作品賞! (デイリー)
>> 『おしん』中国版アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞!日本映画初の快挙!(インフォシーク)


映画「おしん」舞台挨拶付き山形特別先行上映会のお知らせ

映画「おしん」チラシ

いよいよ、10月12日(土)に公開がスタートする映画『おしん』

全国公開に先立ち、前日の10月11日(金)に、
映画の舞台となった山形での特別先行上映会が決定いたしました。

会場は、ムービーオンやまがたさん。
主演の濱田ここねさん、上戸彩さん、そして冨樫森監督が登壇する
舞台挨拶つきの特別先行上映会です。

チケットは、本日9月27日より販売開始となります。
劇場窓口またはインターネット予約にてお買い求め下さいませ。

詳しくは、ムービーオンやまがたさんのホームページをご覧くださいまし。
>> http://www.movieon.jp/

---------------------------
◆映画『おしん』 舞台挨拶付き特別先行上映会◆
日時/10月11日(金)
   【1回目】15:45 開演  映画上映後、舞台挨拶
   【2回目】18:10 開演  映画上映前、舞台挨拶
会場/ムービーオンやまがた(山形市)
登壇予定/濱田ここね、上戸彩、冨樫森監督
料金/2,000円(全席指定)
   ※前売券等の鑑賞券はご使用いただけません。
---------------------------

そうそう、今日は、ニュースもこまめにチェックしないと。

現在開幕中の中国最大の映画祭「金鶏百花映画祭」
『おしん』も出品されておりまして、本日その発表の日。

映画村からも、丸山副社長が中国・武漢に馳せ参じております。

金鶏といえば『おくりびと』が、
2008年に国際映画部門で作品賞、監督賞、男優賞を受賞。

昨夜は、楽天の優勝に小躍りし涙してた私にゃぁ。
どうかどうか神様、今日も、もうひと踊りさせてくださいまし(^人^)
ドキドキドキ… 朗報を待つ!!!

>> 映画『おしん』公式サイト


「鶴岡 食の国際映画祭と食のフェスタ」のご案内 10月5日・6日編

鶴岡 食の国際映画祭と食のフェスタ ポスター

>> 鶴岡 食の国際映画祭」のご案内 10月4日編

さて、昨日に引き続き「鶴岡 食の国際映画祭と食のフェスタ」
本日は、10月5日(土)・6日(日)のご案内です。

まずは「食の国際映画祭」、鶴岡まちなかキネマで上映される映画のご紹介。
クレイマー、クレイマー』 『乙女のレシピ
エルブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン
映画クレヨンしんちゃん バカうまっ! B級グルメサバイバル!!』の
食にまつわる映画4作品が上映されます。

鶴岡 食の国際映画祭と食のフェスタ 上映作品

『クレイマー、クレイマー』懐かしいですね。
劇場のスクリーンでまた観られるなんて嬉しいなぁ~

この映画とくれば、思い出すのは、ダスティン・ホフマンのパパぶりと
息子・ビリー君の可愛らしい姿。そしてそしてフレンチ・トースト。
当日は、映画にまつわる一品としてフレンチ・トーストの販売も予定されています。

私も上映をとっても楽しみにしてるのが
『エルブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン』
料理界の革命児、フェラン・アドリア率いるシェフ達の
知られざる厨房に密着した貴重なドキュメンタリーです。

ただいま、まちキネにて、鑑賞チケット(1000円)好評発売中!
映画の上映時間は、案内チラシをご覧ください。

2012年の鶴岡 食の国際映画祭と食のフェスタ

一方「食のフェスタ」は、今年も美味しいがてんこ盛り。

まちキネ駐車場に特設ステージが組まれ
山王商店街と両会場においしいブースがずらっと並んで店開き。

写真は昨年の様子。数量限定・完売続出でした。
三原監督のブース・三原飯店のホクホクの蟹シュウマイや豚マン
あ~ また食べたいっっ

味くらべ&スイーツ屋台

今年は「味くらべ対決!!」と題し、
おいしさ自慢のお店が、「秋鍋」「のり巻き」で味くらべ。
「スイーツ屋台」も楽しみです。
食のフェスタでしか味わえないオリジナルの逸品が並びます。

先に写真撮りと称して?、試作品をちょい味見 うふふ…
食べられるのは両日だけ。これは、食べとかないとね (^_-)-☆
いづみやさんは『かもめ食堂』に登場するシナモンロールをご用意してくれました。

ステージでは、ガッツ石松さんの映画『おしん』トークショー
奥田政行シェフのライブクッキング&振る舞い
『夏がはじまる』の優河さんライブ
金澤美穂さん、秋月三佳さん、渡辺恵伶奈さんらによる
『乙女のレシピ』トークセッションなどが予定されています。

からからせんべいの早食い競争も楽しそう~。
開催日・時間等、詳しくは、案内チラシをご覧あれ♪
>> http://www.s-eigamura.jp/food-film-fest/pdf/moviefes2013-1045.pdf

担当スタッフに聞いたチラシに載ってないとこも書いちゃおうか(笑)
『乙女のレシピ』の庄内の食アドバイザーでもある奥田シェフ。
映画祭のための炊き込みご飯(限定100食)をご用意してくれるそうですよ。

「おしん」×「クレヨンしんちゃん」で、おしんこ焼きそば(限定50食)など、
ここでしか味わえない映画の一皿も、お召し上がりくださいませ。

このほかにも、映画『おしん』の前売券などが当たるスタンプラリーなど
心に美味しい・お口に美味しい「鶴岡 食の国際映画祭と食のフェスタ」に、
ぜひおいでくださいませ。

なお、山王商店街・鶴岡郵便局前は、
両日共に11時~16時まで歩行者天国となります。

準備等含め、朝10時~17時まで通行止めとなりますので
ご協力のほど、よろしくお願いします<(_ _)>

>> 「鶴岡 食の国際映画祭と食のフェスタ」公式サイト

明日9月21日からは、『乙女のレシピ』山形先行上映スタート。
初日舞台挨拶、まだ若干お席あるそうなので、ぜひおいでくださいませ。
>> 9/21(土)『乙女のレシピ』初日舞台挨拶開催決定!


「鶴岡 食の国際映画祭」のご案内 10月4日編

鶴岡 食の国際映画祭

10月4日(金)~6日(日)に、
今年も「鶴岡 食の国際映画祭と食のフェスタ」が開催されます。

今年は、4日(金)の会場が、出羽庄内国際村
映画クレヨンしんちゃん バカうまっ! B級グルメサバイバル!!』(14:30~)
乙女のレシピ』(17:30~)、『よみがえりのレシピ』(19:30~)の3本が上映されます。

午前10時から、講師に、林 海象監督(京都造形芸術大学教授)をお迎えして
映画24区の三谷社長と「メディアリテラシー・ワークショップ」も開催されます。

「メディアリテラシー」とは、新聞やテレビ、映画、雑誌等の媒体から
発信される情報を読み解き、自ら活用する能力のこと。

山田洋次監督と親交のある林監督を講師に、
たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』など地元ロケ作品を題材に映像研修。

昼食をはさんで、湯田川温泉の「由豆佐売神社」や金峰山の「桜谷神社」など
映画ロケ地を巡る現地研修も予定されています。

林監督最新作・謎の映画『彌勒MIROKU』公式サイト ⇒ http://www.0369.jp/

鶴岡 食の国際映画祭

夕方6時30分からは、映画交流会。
三原光尋監督、渡辺智史監督をお迎えしてパネルディスカッション&アフタートーク。

乙女のレシピ』出演の金澤美穂さん、秋月三佳さん、渡辺恵伶奈さんの
料理部3人もやってくる予定ですよ。

ワークショップの受講料は、2,500円(テキスト代等)
先着30名様となっております。

受講者の方には、5日、6日にまちキネで上映される映画の鑑賞券進呈。
2日間、映画祭の上映作品が見放題♪

映画鑑賞の方は、『映画クレヨンしんちゃん』が1,000円で、小学生以下無料。
『乙女のレシピ』『よみがえりのレシピ』は2作品で1,000円。高校生以下無料です。

ワークショップ、映画鑑賞どちらも事前申し込みが必要です。
お申し込みの締め切りは、10月3日(木)
鶴岡市役所観光物産課(TEL 0235-25-2111 FAX 0235-25-7111)
までお申し込みください。

詳しくは、下記の案内チラシをご覧くださいませ。
>> 案内チラシ(PDF)

5日(土)・6日(日)の会場は、昨年と同じく鶴岡まちなかキネマと山王商店街。

乙女のレシピ』『クレイマー、クレイマー
エルブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン
映画クレヨンしんちゃん バカうまっ! B級グルメサバイバル!!
の4作品が上映されるほか、おいしい屋台やステージイベントが催されます。

映画『おしん』に炭焼き老人・松造役でご出演のガッツ石松さんも
おいでくださいますぞ!

おっと、ここまででだいぶ長くなってしまった。
ということで、続きは明日。こらこら^^;

なんだよ。待てないよ~ という貴方は、
「鶴岡 食の国際映画祭と食のフェスタ」の公式サイトをご覧くださいまし♪
>> http://www.s-eigamura.jp/food-film-fest/

本日の資料館、オープンセットどちらも気持ちいい青空が広がっています。
秋風が気持ちよい見学日和です (^_-)-☆

本日より9月23日(月・祝)まで撮影が行われる映画のエキストラ
まだまだ募集しております。こちらもぜひともよろしくお願いします。
>> 2014年公開予定の大型娯楽時代劇 エキストラ募集のお知らせ




2014年公開予定の大型娯楽時代劇 エキストラ募集のお知らせ

ご協力のほどおん願い奉り候

9月19日(木)~23日(月・祝)に撮影が行われる映画の
18歳以上~70歳未満の男性エキストラを募集しています。

撮影するのは、『鴨川ホルモー』『おかえり、はやぶさ』などで知られる
本木克英監督がメカホンを取る2014年公開予定の大型娯楽時代劇。

作品名やキャストさんについては、聞くなかれ、語るなかれ。
後日ご紹介。待てば海路の日和あり(^_-)-☆。

時代劇の製作で実績を誇る松竹撮影所さんが、
京都近郊を離れてロケを行うのは今回が初めて。

庄内映画村オープンセットのほか、山形市などでのロケも予定されています。

「京都にはない魅力がある。今や時代劇の撮影といえば山形の時代」
ううっ、なんて嬉しい担当さんのお言葉(T_T)

ご協力のほど、ぜひとも宜しくお願いいたします <(_ _)>

▼お申し込み方法▼
○ お名前
○ 年齢
○ 居住地
○ 連絡先(携帯電話番号、メール等)
○ 映画村までの交通手段
○ 身長・体重・足のサイズ
○ 参加希望日

以上を記載いただき、
髪の長さがわかる顔写真(携帯で写した写真でもOK)を添付して、
メール(ex.vs@s-eigamura.jp)にて、お申し込み下さい。

※携帯メールの場合、受信制限している方は、
 s-eigamura.jpからのメールが受信できるよう予め設定お願いします。

お問い合わせ
庄内映画村株式会社 エキストラ担当 佐藤
TEL 080-4299-0699 (直通)


秋旅に「おしん」ゆかりの地をめぐる旅はいかがですか?

おしんちゃん、全国への奉公旅、ごくろうさまでした。

10月12日の公開まで、いよいよ、あと36日と迫った映画『おしん
この秋の旅に、「おしんゆかりの地を巡る1泊2日の旅」は、いかがですか?

「おしん」ゆかりの地をめぐる旅 モデルコース

お客さんから、オープンセットや資料館見学と合わせて、
「ほかに、どんなところがオススメですか?」など旅プランのご相談もよくいただきます。
そんなわけで、庄内映画村的 観光モデルコースのご案内。

出発地によっても、周り方など色々変わってくるかと思うのですが
今回は、仙台からやって来る友達を頭に思い浮かべながらコースを考えてみました。

東北道・仙台宮城ICから村田JCTを経て山形道へ。
庄内あさひICまでは2時間弱。⇒ こちら参照

「おしん」ゆかりの地をめぐる旅

まずは、ICに一番近い「庄内映画村資料館」から。
室内セットのほか、おしんが俊作兄ちゃんからもらったハーモニカや、
おばあちゃんからもらった50銭硬貨などの撮影に使われた小道具なども展示中。
松ヶ岡開墾場には資料館のほかにも見どころいっぱい ⇒ 詳細

同日見学の方には割引制度あり♪ ということで、
続いて「おしんの生家」セットがある「庄内映画村オープンセット」へ
朝9時~午後3時までの毎正時出発の無料ガイドに合わせて到着がオススメ。

オープンセットからは、山形が誇るパワースポット「羽黒山」へ。
国宝 五重塔を見学したり、斎館の精進料理でランチというのもありですね。

庄内を訪れる撮影隊のほとんどが、山頂にある三神合祭殿で
クランクイン前にご祈祷していただくんですよ。あなたも、いかがですか?

山頂駐車場には、おしんが、ばっちゃんからもらった50銭硬貨を入れ
首から提げていた庄内刺し子のお守り入れを作ってくださった
佐藤恵美さんのお店もあります。

このあとは、修験の里・羽黒ならではの宿坊に泊まるもよし。
湯野浜温泉湯田川温泉あつみ温泉由良温泉などでゆっくりされるもよし。

市内のホテルご利用であれば、羽黒山の後に、致道博物館など鶴岡公園周辺
観光スポットめぐりをさらにプラス。「蝉しぐれ」などのロケ地でもあります。

ご宿泊先選びのご参考にこちらどうぞ ⇒ 撮影スタッフ御用達「鶴岡・酒田のホテルと旅館」

「おしん」ゆかりの地をめぐる旅

2日目は、宿から一路、戸沢村の「最上川舟下り」へ。
おしんの旅立ちを思い浮かべながら、絶景の最上峡を船から満喫。
これから紅葉の季節もやってきますし。

酒田に戻り「山居倉庫」と「旧鐙屋」を見学。
山居倉庫「夢の倶楽」にあるレストランのメニューには「大根めし」が♪

最後に遊佐町の「旧青山本邸」へ。

そして酒田みなとICから仙台に戻る… という案を
考えてみましたがいかがでしょう。

旧鐙屋では、10月1日(火)から12月3日(火)まで、
旧青山本邸では、10月中旬から『おしん展』も開催されます。

このほか、庄内では、大山下池や鼠ヶ関川(共に鶴岡市)や、
中山堤(遊佐町)などでもロケが行われました。

ロケ地の詳細は、「庄内ロケ地データベース」をご参照くださいまし。

庄内以外のロケ地としては、加賀屋のみんなと初詣に出かける場面が「山寺」。
このシーンには、吉村山形県知事も、ご出演。
最初の奉公に出る涙涙のいかだシーンは朝日町。
大江町でも実景の撮影が行われました。

全部行きたいとか、ほかの映画のロケ地も一緒に…
なんて方は、もう1泊かな(^m^)

この秋は、映画『おしん』ロケ地めぐりに、ぜひ庄内においでください。


ロケ地お探しの制作スタッフ様 大正浪漫と昭和の面影を残す館です

ニュー村尾

先日、かみのやま温泉にある旅館「ニュー村尾 浪漫館」の方がおいでになり
映画製作にあたってのイマジネーションづくりや撮影などにお役立てくださいと
素敵な写真満載の資料をお持ちくださいました。

庄内ロケ地データベース」は、掲載エリアが山形県庄内地方限定。
近隣スポットも多少は載せてますが…

というわけで、思わず見とれる写真の数々を、映画作りに携わる皆さんにも
ご覧いただきたいなぁと、ブログで、ご紹介しちゃいますね。

ニュー村尾

上山城そばにあり、昭和天皇や文人墨客が泊まった名旅館。
大正浪漫と昭和の面影を残すニュー村尾さんの「離れ荘」と「浪漫館」。

ニュー村尾

どうでしょう。この風情の中で、次回作の構想を練るとか…
映画関係者の方のためのご宿泊特典もあるそうですよ(^_-)-☆

>> ニュー村尾浪漫館 公式サイト

山形の古い街並みと歴史的建造物

思えば、山形県は文翔館や上杉伯爵邸などの歴史的建造物や
銀山温泉、楢下宿など、古い街並みも残ってるし
霞城公園の二ノ丸東大手門や上山城は、時代劇の撮影にもいいですよね。

いやいや、すぐ頭に浮かぶような代表的スポット以外にも、いいとこいっぱい…
なんだか「やまがたロケ地データベース」も欲しくなっちゃいました(笑)
えっ? ある? ^^;

てなわけで、山形県でのロケ地探しのためのミニミニリンク集(^o^)/

>> やまがたロケーションガイド (山形県内一円)
>> 山形フィルムコミッション (山形市近郊)
>> 山形おきたまフィルムコミッション (米沢市近郊)
>> 酒田ロケーションボックス (酒田市)

↓↓↓そして、映画村が管理しておりまする↓↓↓
>> 庄内ロケ地データベース (鶴岡市および酒田市近郊)

ただいま掲載数625カ所。まだまだ増えます。一部、動画も掲載中。
オープンセットの見学エリア外の写真なんかも載せちゃってたりします。

載ってなくても、ご希望のロケ地あらば探しますよ (^_-)-☆
訳あってDBに載せられないところもありますし…(謎)

庄内に限らず、うちどうよ?という方からの売り込みも承っております。
って、私の一存で書いちゃっていいのかぁ???

なお、庄内ロケ地DB掲載用の情報は、常時承っております♪

誠に、誠に、ありがたきことに、
この夏から秋にかけ、映画にTVドラマに、ずっと撮影続きの庄内映画村。
ご見学のみなさま、日々ご協力ありがとうございます <(_ _)>

ので、微妙にオープンセットの様子が全開でご紹介できなかったりする今日この頃 (爆)
そういう内輪の事情はいいからぁ~ すびばせんっっ 待てば海路の日和あり?

てなわけで、この写真、FBとかブログとかにアップしてもよろし?
ダメ? はい orz …てなもんで、じっと機会をうかがうにゃぁであった (笑)

地元のみなさま、山形のいいとこいっぱい紹介していきませうね (^_-)-☆


Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード