Entries

鶴岡天神祭2013 「夏がはじまる」キャスト陣がんばる

鶴岡天神祭2013

昨日25日は、鶴岡天神祭。
青空の下、お祭り広場(鶴岡公園)に、展示ブースを構えた庄内映画村。

6月15日公開 『夏がはじまる』 (庄内キネマ第1回製作作品)で
主人公・藤崎ななえ役を演じた齊藤絵美ちゃんと
ななえの姉・佐々木みほ役の朝倉亮子さんがステージに立ち
大勢のお客さまを前に、映画のご紹介。

鶴岡天神祭2013

毎週金曜日オンエア、Rhythm Station エフエム山形「岩崎敬のラジオロイド」で
この4月からアシスタントもしている絵美ちゃん。

「ラジオ聴いてるよ~」と声を掛けられたり、記念写真におさまったり
前売券を自ら手売りしたり、なんと初めてのサインも求められ…
照れながら、おしんの濱田ここねちゃんばりに楷書でサインを(笑)

ななえとみほに加え、お母さんやおばあちゃんも駆けつけ、藤崎家勢揃い…
おっと、お父さんはオープンセットでサムライ中^^;

大勢のみなさんにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。

鶴岡天神祭2013

化けものさんも庄内ロケ地パネル展をご見学♪ 天神祭ならではの光景。

一方、庄内映画村資料館・平野館長は、今年も天神祭パレードの審査員。
特別審査員の2012ミス・ワールド日本代表・五十嵐希(鶴岡市出身)さんと
にこにこツーショット♪

パレードには、加茂水族館の大絵馬も登場してましたよ(^_-)-☆
クラゲも化けものルック(^m^)

本日お昼から、オープンセットで行われる
「庄内映画村deサムライになりまSHOW」のコンテストのMC
よしもと山形県住みます芸人・三浦友加さんも、ブースに遊びにきてくれました。

というわけで…
「庄内映画村deサムライになりまSHOW」コンテスト結果の発表は
オープンセット・エントランス広場のトラックステージで
本日正午スタートです!


庄内キネマ第3回製作作品「くらげになりたい(仮)」クランクアップ

「くらげになりたい」撮影風景

*追記*
タイトルが『くらげとあの娘』に決定しました。


庄内キネマ第3回製作作品『くらげになりたい(仮)』(宮田宗吉監督)が、
5月21日にクランクアップしました。 (o^─^ノノ゙ パチパチ

キャスト・スタッフみんなで、クラゲみたいに手をグーパーして記念写真。

「くらげになりたい」撮影風景

ギネス認定・世界一のクラゲの水族館・鶴岡市立加茂水族館を舞台に繰り広げられる
クラゲになりたい飼育係の浩平とパン屋の有希のちょっとアンバランスなラブストーリー。

奥泉副館長が操る船で、クラゲの採取風景なども撮影されましたよ。
加茂水族館のみなさま、ご見学中のみなさま、ご協力誠にありがとうございました。

「くらげになりたい」撮影風景

このほか、今春から新たに公開の始まった庄内映画村オープンセットの風のエリアや
斎喜自動車工業所さん (いつも映画村がお世話になっております)
ベーカリー・フランスさん (にゃぁも大ファンの美味しいパン屋さん)
藤島の白藤ドライブインさん (もつ煮込みラーメン大好きですぅぅ)
そして温海の小岩川漁港などでロケが行われました。

「くらげになりたい」撮影風景

右下の写真、スタッフのアパートで行われたロケの様子で
外は青空お天気の中、雨を降らせて撮影(^m^)
そうそう、映画村の宇生社長のお家の前でも撮影が行われたんですよん(^_-)-☆

浩平役は、今作が初主演作品となる宮平安春さん
有希役は、宮田監督が師事する冨樫森監督の長編デビュー作『非バランス』で、
主演のチアキ役(当時14歳)を演じた派谷恵美さん。
600人のオーディションから選ばれたお二人です。

地元キャストも、これまでになく多数出演する作品なので、
ご存じの顔が、スクリーンの中に登場する率高しですよ~

宮田監督とエキストラさんも、みんな俳優ワークショップで顔なじみ。
エキストラさんを名前で呼んで演技をつける現場なんてそうそう他にはない(^^)/

一度映画に出演してみたいというそこのあなた
次回は、秋(9月頃かな?)に、開催予定の俳優ワークショップに参加してみませんか?
第4回製作作品に出演できるかもぉぉ (エキストラは常時募集中

5月というのに、晴れているというのに海風が寒くて大変でしたぁ。
キャストさん達も防寒着を着込んでリハーサル。

ナイトシーンも多く、時に深夜・はたまた明け方まで続いた撮影。
付近にお住まいの方達も黙って見守ってくださっていたのではないかと…
ご協力、誠に誠にありがとうございました。

このほかにも、大切なお車を貸してくださった方など
多くの方のご協力をいただき第3回製作作品を無事撮り終えることが出来ました。

「くらげになりたい」撮影風景

撮影の合間には、水族館の売店のおばちゃん役の山口美也子さんや
館長役のあがた森魚さんと記念撮影。W館長(笑)
主演の高平さんが自らカメラを構えて撮ってあげるなど和気藹々。
浩平の同僚役で、杉山彦々さんも出演されます。

加茂水族館の村上館長と奥泉副館長も映画に出演します。
(奥泉副館長出演シーンは上の写真のどこかにあります。さてどれでしょう~)
どんな役かは、映画の公開をお楽しみに(^_-)-☆

映画『くらげになりたい(仮)』は、来年2014年の春
加茂水族館のリニューアルオープンに向けて全国公開の予定です。

いよいよ6月15日より公開がスタートする
庄内キネマ第1回製作作品『夏がはじまる』では、助監督と編集を担当した宮田監督。

18日に、その試写会が鶴岡まちなかキネマで行われたんですが、
舞台挨拶に望んだ冨樫森監督が、翌19日に撮影中の加茂水族館に
藤島まんじゅんのお土産を手に、お母様と陣中見舞いにやって来てくれました。

水族館の前で、メイキングのカメラを抱えて冨樫監督をお待ちしてたら
「にゃぁ、ヒマだなぁ」と冷やかされ(笑)

「この人出、人止めうまくいってるの?」とスタッフを気遣う冨樫監督。
じっと、愛弟子の監督する撮影風景を見学されていました。

今日25日は、鶴岡天神祭の日。
庄内映画村も、お昼から鶴岡公園のお祭り広場にブースを出展していますので
ぜひ、遊びに来て下さいね(^_-)-☆

おしん』や『くらげになりたい(仮)』にも出演した
『夏がはじまる』のキャストさん達もやってきます♪

おっと、忘れちゃいけない。
今日・明日は「庄内映画村deサムライになりまSHOW」をオープンセットで開催中。
明日26日は、MCによしもと山形県住みます芸人の三浦友加さん
宮城県住みます芸人のオコチャさんをお迎えしてコンテストの
審査結果の発表がトラックステージでお昼から行われます。
天神祭りの翌日は、ぜひ庄内映画村オープンセットにもお立ち寄りくださいませ

◆メインキャストプロフィール◆
■宮平安春 Miyahira Yasuharu
1984年5月17日生まれ、沖縄県出身。
特技はマリンスポーツ、バスケットボール。
NAUI WORLDWIDE(ダイビング免許)を持っている。
舞台で活躍する傍ら、2007年より多数の映画・ドラマに出演。
今作が初主演作品となる。

■派谷恵美 Hatachiya Megumi
1985年生まれ。1999年に芸能界デビュー。
主演を務めた『非・バランス』(冨樫森監督、2000年)にて、
第23回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞。
その後、ドラマ、映画、CMなど多方面で活躍し、
今回、約13年ぶりに長編映画のヒロイン役を務める。

>> 「くらげになりたい(仮)」作品紹介

松ヶ岡開墾場のツツジ まもなく見頃 &天神祭に出展

松ヶ岡のつつじ

庄内映画村資料館のある松ヶ岡開墾場のツツジが咲き始めました。

資料館の脇にある昭和天皇行幸記念碑前のツツジが見頃。
駐車場や通りを彩る白ツツジもチラホラと咲き始めています。

また毎週土日には、同じく開墾場内にある新徴屋敷で
庄内藩甲冑研究会の甲冑工房も開かれていて、
甲冑づくりの様子が、ご見学いただけます。

さて、明日5月25日(土)は、鶴岡天神祭
エンジョイパレードへの参加は見送りになりましたが
お祭り広場(鶴岡公園・疎林広場)に、
庄内映画村もブースを構えることになりました。

庄内で撮影が行われた映画のロケ地パネル展をはじめ
どちらも冨樫森監督作品、10月12日公開・映画『おしん』や
6月15日公開『夏がはじまる』(庄内キネマ第1回製作作品)の前売券や
庄内映画村グッズの販売なども予定しています。

出展の時間は、正午~午後4時です。

『夏がはじまる』のキャスト陣も駆けつけますぞ♪
キャストのみなさんは、『おしん』にも出演していますので
撮影裏話なんかも聞けちゃうかもデスよ(^_-)-☆

ぜひお立ち寄りくださいませ♪




幸の馬耕体験 第2弾 鳥海山を背に「代かき」

幸の馬耕体験 第2弾「代かき」

「代かき」とは、稲を田んぼに植える前に田んぼの土を水とこねて柔らかくし、
土を細かく砕く作業を「代かき」と言います。

昨日5月14日、幸ちゃんの馬耕体験第2弾となります
この「代かき」が遊佐町で行われました。

幸の馬耕体験 第2弾「代かき」

午前9時、濃霧の庄内映画村オープンセットを出発。
馬運車に乗った幸ちゃんは、1時間かかって前回と同じ遊佐小学校の学習田に到着。

佐藤仁吉さん(87歳)率いる、「庄内農耕馬保存会」の面々が
すでに道具を揃えて待っていました。

第1弾で、犂で田起体験をした田んぼに水が引き込まれ
今回は、午前中に練習。
午後から遊佐小学校の子ども達の前で「代かき」本番です。

60年前の道具を装着した「幸」。かっこいいですね。

いざ、練習開始!と、水の張った田んぼへ
ところが、イヤイヤして、なかなか田んぼへ入ってくれません。

水を張った田んぼは、初体験の幸。
私にゃぁも、オープンセットの田植えの様子を撮りに行くと
「写真撮ってないで、お前もやれ」と農業部の面々に毒づかれるのでございますが
「いやぁ ちょっとぉぉ」と、尻込みしてしまう始末で
猫でも、人でも、最初の一歩は、ちょっと勇気がいる(笑)

ちょっと時間が掛かりましたが、水田へ入った幸。順調に、代かき開始。
「うまい!うまい!」と仁吉さんからも声が掛かります。
何度か往復して、練習終了。午後の本番に備えます。

幸の馬耕体験 第2弾「代かき」

午後1時30分、遊佐小学校の5年生24名が歩いて学習田にやってきました。
天気も快晴。鳥海山が白く輝いています。

仁吉さんから農耕馬道具の説明を受ける子ども達。

「犂」(すき)、「馬鍬」(まぐわ)、「砕土機」(さいどき)、ゴロなど
60年前実際に使われていた道具の数々。

さぁ本番! 幸ちゃんは、ちょっとイヤイヤしましたが再び水田へ。
馬鍬で、長い距離を攪拌(かくはん)します。

調教師・本田さんが履いているのは、田植え用の長靴。
泥田に足を取られない優れもの長靴なのデス。

幸の馬耕体験 第2弾「代かき」

幸ちゃんがちゃんとできるか、子ども達、大人達も見守ります。
鳥海山を背景に見事にやりきりました。

仕事を終えて、生徒達から祝福を受ける幸。
昔の代かきは、馬も人も大変ですね。

「幸」4歳=農耕馬見習い。「本田司」=馬耕教師見習い。
まだまだ修行は続きます。

今度は、庄内映画村オープンセットの農村エリア
映画『おしん』の生家セット前の田んぼでの練習です。


庄内キネマ製作委員会「くらげになりたい(仮)」製作発表会見

くらげになりたい製作発表会見

本日12日、いよいよクランクイン!
庄内キネマ製作委員会の第3回製作作品『くらげになりたい(仮)』の
製作発表会見が、10日、鶴岡まちなかキネマを会場に開かれました。

仮タイトルが『クラゲになりたい』から『くらげになりたい』に変わりまして
が、まだ(仮)なので、変更があるかもしれないデス(^m^)

会見には、宮田宗吉監督、映画村の宇生社長、映画24区の三谷社長、
まちキネの小林社長をはじめ、主演のお二人と
メインロケ地となる鶴岡市立加茂水族館の村上龍男館長が出席。
映画にかける意気込みなど、プレスのみなさんを前に、熱く楽しく語りました。

くらげになりたい製作発表会見

『くらげになりたい(仮)』は、 クラゲになりたい水族館の飼育係の浩平と
パン屋の有希のちょっとアンバランスなラブストーリー。脚本も宮田監督が担当。

第2回製作作品の『乙女のレシピ』の時のメインキャストオーディションが
400名という応募で驚いたのに、今回はなんと600名! どんどこ増えてますなぁ

その激戦だったオーディションで選ばれた栄えあるお二人が
主演の浩平役に、今作が初主演作品となる宮平安春さん。
ヒロイン・有希役には、派谷恵美さん。

派谷さんは、宮田監督が師事する冨樫森監督(『おしん』お疲れ様でした)の
長編デビュー作『非バランス』(2000年)で、主演のチアキ役(当時14歳)を
演じた天才女優。約13年ぶりの長編映画のヒロイン役となります。

冨樫監督のデビュー作でデビューした女優さんが
宮田監督の作品でカムバック。 何とも感慨深いというか…

このほか、水族館の売店のおばちゃん役で、山口美也子さん(『デンデラ』『朱花の月』)
館長役で、あがた森魚さん(『海炭市叙景』『 マイ・バック・ページ』)など
個性豊かな俳優陣が脇を飾ります。

村上館長も、館長役ではありませんけども、出演予定ですよん♪
さて、どんな役でしょう。公開の暁には要チェック(^_-)-☆

5月12日~21日までの10日間に渡り、鶴岡市内各地で撮影が行われ、
2014年春、加茂水族館のリニューアルオープンに向けて全国公開の予定です。

世界一のクラゲの展示種を誇る水族館としてギネスにも認定され、
近年、脚光を浴びている加茂水族館。

ここ庄内で育った人なら誰しもが、幼い頃から、家族で、幼稚園・小学校の遠足で
身近な遊びに行く場所でした。私も何度出かけたか数えきれません。

そうした多くの楽しい思い出が生まれた場所が、フィルムの中で、
どんな風に描かれるか、そんな部分でも、とても楽しみにしています。

というわけで、またまたメイキング&スチールを撮影すべく、私にゃあも行って参ります。
クランクアップまで、しばらくブログもお休みがちになるかとは思いますが
現場から戻ったら、撮影の様子なぞ、またご報告しますねん(^_-)-☆

ではでは、本番まもなく 用意 スタート! カチーン♪


Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード