Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸ちゃん農耕馬デビュー 遊佐で「馬耕体験」

幸ちゃん農耕馬デビュー

5月2日(木)夕方6時15分からのNスタやまがた(TUY)で
幸ちゃん農耕馬デビューの様子が放映されます。ぜひご覧ください。


昨日27日に、遊佐町で「馬耕体験」が開催され、
庄内映画村のアイドル・幸ちゃんが、ついに農耕馬デビューを果たしました。
映画村・宇生社長 悲願の「農耕馬文化の復活」第一歩のスタートです。

映画『十三人の刺客』撮影の折り、50頭に及ぶ馬達が運び込まれ
その壮観な風景に、庄内映画村には馬が似合うなぁと感じたという宇生社長。

その後、消えゆく農耕馬の写真集をご友人から紹介され、
「映画村だったら犂を使った馬耕を再現できるのではないか。
田んぼや畑を耕している馬はもういない」この言葉にピンときた宇生社長は
2010年、農耕馬を探すために、北海道・釧路に向かいました。

競走馬、番場競馬の大型の馬、乗馬用の馬…
なかなか足が短くがっしりした体格のいかにも農耕馬という馬に出会えず
あきらめかけていた時、最後の牧場に、子馬の彼女がいました。
1200頭の中から、ようやく出会った馬。社長が付けた名前は「幸(さち)」

馬具の取り付けほか

あれから3年。子馬だった幸も、立派な体格の大人になりました。

そんな折り、遊佐町の歴史民俗資料館で、使用できる馬耕道具が見つかり、
遊佐小学校の学習田をお借りることも出来ました。
さらに、昭和30年まで実際に馬耕をされていた遊佐在住の佐藤仁吉さんが
「庄内農耕馬文化保存会」も立ち上げてくれ、今回の「馬耕体験」の運びとなりました。

数々の映画やドラマにも協力している、日本でも指折りの優秀な調教師
本田司さんのもと、5ヶ月に及ぶトレーニングを済ませた幸の「乾田馬耕」初挑戦。

仁吉さん、本田調教師、オープンセットでは明治の旦那さんだった宇生社長も、
昔の野良着などを身につけて60年ぶりの馬耕の再現です。

初めて本格的に馬具を付け、大勢の人に見守られ、かなり緊張した面持ちだった幸。
ふだん映画村オープンセットで、お客さん達のお相手をしているとはいっても、
みんなが、幸に注目してる状況っていうのは、人間だって緊張しちゃう^^;

田んぼの雪が溶けたら、オープンセットでも… なんて話も出ています。
これから少しずつ、農耕馬として成長していく幸の姿を記録できることを嬉しく感じます。

子供達と馬の綱引き

田んぼを耕したあとは、子ども達との綱引き合戦なども行われました。
みんなぁ、お馬さんって凄い力持ちだったでしょう?(^^)

ポニーのアミーちゃんや幸とのふれあい

幸と一緒にポニーのアミーちゃんもお出かけ。
引き馬には、長い行列ができ、大人気でした。

雨降り、強風のお天気で大丈夫かと心配しながら準備していましたが
馬耕体験が始まる頃には雨もあがり、みんなと楽しく遊んだ一日になりました。

みんなで記念写真

みんな、お馬さんとのふれあい体験はいかがでしたか?
お寒い中、大勢の方にお集まりいただき誠にありがとうございました。

今回の乾田馬耕のあと、次回は5月14日(火)に、
こんどは、水が入った田んぼでの代掻きを行う予定です。

わぁ、映画の撮影と重なるぅ。私は行けないなぁ。残念。
ガンバレ 幸ちゃん♪ 庄内浜辺りから、応援してるからね(^_-)-☆

ただいま幸ちゃんは、本日28日より5月末まで、オープンセットで
幌馬車「スキヤキウェスタン号」を、お友達のお馬さん達と一緒にがんばってます。
>> 庄内映画村オープンセットで馬車に乗ろう!

スポンサーサイト

庄内藩甲冑研究会 新徴屋敷で塗り工房 一般公開中

塗り作業中の甲冑師・小川先生

庄内藩甲冑研究会をご指導くださっている犬山城御抱具足師・熱田伸道こと、
(社)日本甲冑武具研究保存会の小川伸夫先生が、名古屋から来庄中。

庄内映画村資料館のある松ヶ岡開墾場の新徴屋敷で
甲冑づくりの塗りの工程の様子を一般公開中です。

塗り工房の一般公開は、本日4月19日(金)まで。
朝9時~夕方4時頃までご見学いただけます。

※当初、明日20日までとご案内いたしておりましたが
 庄内藩甲冑研究会打ち合わせのため、急遽、本日で終了に変更になりました。
 申し訳ありません。


小川先生は、庄内藩主酒井家二代目・家次公、加藤清正公、
2002年に新たに発見された前田利家公の甲冑など、
全国各地で、甲冑の検証・修復、制作指導を手がけていらっしゃる
日本に数少なくなった甲冑師。

加藤清正公といえば、庄内にも、ゆかりのある武将。
詳しくはこちら ⇒ 丸岡城跡・加藤清正公墓碑(山形県鶴岡市櫛引地区)

加藤清正公を、NHK大河ドラマで…ということで、
ただいま署名活動が展開されているのはご存じでしたか?

ご賛同いただける方、ぜひぜひ下記サイトより、よろしくお願いします。
>> 加藤清正公を大河ドラマに

パリで開催されたJapan Expoの報告書

小川先生の活躍は国内にとどまらず、昨年に引き続き、
パリで開催されるJAPAN Expo(7月4日~7日)に今年も参加予定とのこと。

ギメ東洋美術館など、フランスの美術館には、非常に状態の良い、
また大変豪華な日本の甲冑が展示されているそうです。

アンヴァリッド軍事博物館に保管されている膨大な西洋甲冑からは
日本の甲冑との類似点も多く見られ、何らかの影響を受けていることがわかるそうで、
西洋甲冑と日本の甲冑の歴史的な影響をまとめた資料はまだ無く、
甲冑文化を広く世界に紹介すると共に、そうした調査研究なども
これから進めていく予定だそうです。

資料館前の桜

松ヶ岡開墾場の桜も、だいぶ花開いてきましたよ。

いよいよ明日・明後日は、「第9回 庄内クラフトフェアin松ヶ岡&松ヶ岡桜まつり」
朝から、準備のスタッフさん達が開墾場を行き来してて、活気あふれています。

リューアルオープンした資料館にも、ぜひお立ち寄りくださいね(^_-)-☆
映画「おしん」前売券も販売中です。

なお、21日(土)・21日(日)の両日は駐車場が大変混み合いますので、
鶴岡市羽黒庁舎から松ヶ岡開墾場まで無料シャトルバスをご利用下さい。

始発:午前9時45分(羽黒庁舎)/最終:午後4時(松ヶ岡)
乗車時間は約10分、10分~15分間隔で運行。


幸ちゃん、早君おかえり! 遊佐で「馬耕体験」&バスツアー参加者募集

幸とお友達

おかえり~ 幸ちゃん&早くん。 久しぶりの庄内はどうかにゃ?

山梨県の八ヶ岳でトレーニング中だった馬の幸(さち)や、早(ざお)が、
お友達4頭を連れて、昨日17日、庄内映画村オープンセットに帰ってきました。

なんとなんと、このたび幸ちゃんの農耕馬デビューが決定!
いよいよ、映画村・宇生社長 悲願の「馬耕文化の復活」の第一歩がスタートします。

小学校の教科書にも掲載されている庄内平野の米づくり。
60年前まで、その生産量を支えてきた農耕馬による農業が復元されることになり、
「馬耕体験」が、オープンセット開村の日と同じ27日(土)に、遊佐町で開催されます。

馬耕風景

ただいま参加者募集中です。
幸ちゃんの農耕馬デビューの様子をぜひ見においで下さい。

大人が勝つか、馬が勝つか…
馬での犂(すき)による田起こしvs人の鍬(くわ)による田起こし競争
馬との綱引き、乗馬体験なども予定されています。

幸と一緒に、ポニーのアミーちゃんもやって来ますよ(^_-)-☆

◆昔を知ろう「馬耕体験」◆
日時/4月27日(土)午後1時~3時45分(目安) ※小雨催行
場所/遊佐小学校 学校田(遊佐町吉出 庚申塚) ※遊佐町斎場となり ⇒地図
服装/帽子、汚れてもよい服装。長靴、水筒

事前申し込みは不要です。ご家族連れでお越し下さい。
※学校田周辺は混雑が予想されます。月光川駐車場などもご利用され
 事故の無いようお気をつけておいで下さいますようお願いします。

スケジュール等、詳細は案内チラシをご覧ください。
>> 「馬耕体験」案内チラシ (PDF)

また、遊佐鳥海観光協会さんの主催で
「遊佐の農耕文化と馬耕体験バスツアー」も開催されます。

馬耕体験のほか、農耕文化の学習として、遊佐町歴史民俗学習館
映画「おしん」のロケ地、旧青山本邸見学
通称「ニシン御殿」青山邸にちなみ、春の味覚ニシンと
ピンク色の花が咲く遊佐産の高嶺ルビーのそばを楽しむモニターツアーです。

◆遊佐の農耕文化と馬耕体験バスツアー◆
日時/4月27日(土) 午前9時~午後4時
集合/JR遊佐駅
定員/小学生以上20名 (最少催行10名)
参加費/1,900円 (昼食・バス・保険等) ※モニターツアー特別料金

>> ツアー案内チラシ (PDF)

お問い合わせは、遊佐鳥海観光協会(TEL 0234-72-5666)まで。
※宿泊、翌日の観光についても、お気軽にお問い合わせ下さい。


庄内映画村資料館 本日リニューアルオープン

映画「おしん」室内セット

ひと冬たっぷりお休みいただきましたが、本日めでたく
庄内映画村資料館、リニューアルオープンいたしました (^◇^*)パチパチ♪

じゃ~ん! 再現出来ましたよ
鶴岡市内で撮影が行われた10月公開の映画『おしん』の室内セット♪

ガッツ石松さん演じる炭焼き老人・松造さんと
満島真之介さん演じる脱走兵・俊作兄ちゃんが
おしんと一緒に、ひと冬過ごした山小屋の室内セットです。

なに? もっと、中まで見せろ?
いやぁ、その目で、LIVEで、見てくださいよぉ~(^o^)/

山小屋や炭焼き小屋の外観は、オープンセットの山間集落エリアで撮影されました。
さらに農村エリアには、おしんの生家もありますからね。

オープンセット・資料館の両方を同じ日に見学すると割引制度もありますよ(^_-)-☆
>> オープンセット・資料館 両施設入場者割引の詳細

リニューアルオープンした庄内映画村資料館

室内セットと一緒に、おしんが俊作兄ちゃんからもらったハーモニカ、
おばぁちゃんからもらった50銭硬貨などの撮影に使われた小道具も展示しています。

おしん役・濱田ここねちゃんのサインも! カワイイ♪
もちろん、平野館長の従撮画も展示しています。
1階正面には、庄内映画村の年表などの展示もスタート。

開館と共に、早速お客様が…。リニュ第1号のお客様は、なんと、長野から。
先週一度いらして、まだ休館中で、今週またいらしてくれたんだそうです。
誠に、誠にありがとうございます<(_ _)>
平野館長から、ささやかではございますが、地酒などのプレゼントを。

リニューアルしたのは、庄内映画村資料館だけではありません。
この春、松ヶ岡開墾場はリニューアルラッシュ!

松ヶ岡開墾場もリニューアル1

情緒あふれる空間で手仕事の温もりを販売・体験を通して伝えている
まずは、資料館のお隣、くらふと松ヶ岡「こぅでらいね」さんから。
おっと名称が新たに、くらふと松ヶ岡「Koudeらine」さんに変わりました。
看板が、ちょっとカフェな雰囲気に。
名前だけではありませんよ。新たな作品がぞくぞく入荷中ですぞ。

続いて、「松岡窯陶芸教室」さんもリフレッシュ。
2番蚕室から、以前、おカイコさまの蔵だったところに移動。
明るい雰囲気の陶芸ギャラリーになりました。
おカイコさまの蔵は、映画村本社のお隣に。

松ヶ岡開墾場もリニューアル1

そしてそして、2番蚕室も大幅リニューアル。
とにかく床材が誠に持ってお見事ぉ! おいおい、そこかよ~ ^^;
だって、若殿がリニュポイントはそこだって(笑)

kibiso松ヶ岡ショップが広くなって1階に。
kibisoって高いセレブな方の…のイメージがあったのですが
コースターやブックカバー、名刺入れなど、お手頃価格でお求めいただける
素敵な商品いっぱいありましたよぉ。私も名刺入れをあとで買いに行こうかと。
庄内の地野菜や加工品も、週末を中心に販売スタート。

お食事処「荘内藩」も広々と。
一番人気は、とり南蛮の温かい麦切り(うどん)とおそば。
名物・荘内藩 白玉クリームぜんざいやソフトクリームもオススメです。
月曜日はお休みですのでご注意を♪(資料館は休まず開館)

ただいま2階のギャラリーまつでは、“あの日”から被災地の写真を
撮り続けているオヤマカズヨシさんの写真展を5月12日まで開催中
マケナイゾ!…と笑顔で生きる人たちの元気で素敵な表情をとらえた写真がいっぱい。

また、GW期間中の4月27日(土)~5月6日(月・祝)は
ポップアーティスト「歌房史朗展」も開催されます。

松ヶ岡開墾場案内図

どうぞ新しくなった庄内映画村資料館、そして松ヶ岡開墾場に、ぜひ遊びに来てください。

庄内映画村資料館と松ヶ岡開墾記念館、どちらかの施設にご来館いただきますと、
もう1つの施設が100円引きで入場出来る割引券も差し上げています。
詳しくはこちら

いよいよ今週末に迫りましたね。
4月20日(土)と21日(日)には、今年で9回目。恒例となった大人気のイベント
「庄内クラフトフェアin松ヶ岡&松ヶ岡桜まつり」が開催されます。

両日は、駐車場が大変混み合いますので、
鶴岡市羽黒庁舎から松ヶ岡開墾場まで無料シャトルバスをご利用下さい。
乗車時間は約10分、10分~15分間隔で運行。
始発:午前9時45分(羽黒庁舎)/最終:午後4時(松ヶ岡)

今日は、青空広がるポカポカ陽気の松ヶ岡。
桜も、今日、明日には、そろそろ開花しそうですよ(^_-)-☆
ただいま桜のつぼみはこんな具合 ⇒ ここクリック


2014年公開 映画『仁光の受難』 特報完成

仁光の受難

昨年10月に庄内映画村オープンセットで撮影が行われた
辻岡正人さん主演の映画『仁光の受難』の特報が完成し公開中
との報が、庭月野 議啓監督より届きました。



僧侶と 人斬りと 妖怪が おりなす、百物語の一編。
実写と浮世絵、曼荼羅でつづる「活動浮世草子」
謹厳実直な僧侶・仁光(にんこう)は、女人を惑わす自らの魔性に頭を抱えていた…

私も早速、拝見させていただいたのですが
公開が、とっても待ち遠しい仕上がりで、期待しちゃいます(^o^)/
映画村も、きれいに撮っていただいてありがとうございました。

公開は、来年2014年の予定とのこと。
楽しみですね。

>> 映画『仁光の受難』 公式Blog

庄内映画村資料館 映画「おしん」の室内セットを再現します

資料館2階奥その1

4月16日(火)に、リューアルオープンを迎える庄内映画村資料館

今まで先に支援した映画の衣装や小道具などの撮影資料を展示していた
2階奥のスペースが、すっかり、きれいに片付けられて…

資料館2階奥その2

何やら、室内セットが組まれておりますぞ~(^m^)

このセット、鶴岡市内某所に組まれ、撮影に使われた
10月に全国公開される映画『おしん』の室内セットでありまする。

ガッツ石松さん演じる炭焼き老人・松造さんと
満島真之介さん演じる脱走兵・俊作兄ちゃんが
おしんと一緒に、ひと冬過ごした山小屋の室内セット。

無事撮影を終え、このたび、庄内映画村資料館の2階に再現されることになりまして
4月16日から、みなさんにご覧いただこうということになりました。

セットと一緒に、撮影に使われたハーモニカなどの小道具も展示の予定です。

山小屋や炭焼き小屋の外観は、庄内映画村オープンセットで撮影されました。
オープンセットでは、おしんの生家のセットも新たに公開されます。
両方ご覧になりたい方は、4月27日のオープンセット開村後にどうぞ♪

オープンセット・資料館 両施設入場者割引というのがありまして、
同日にオープンセットと資料館の両方をご見学いただくと、250円引きで
ご入場いただけます。
>> オープンセット・資料館 両施設入場者割引の詳細

松ヶ岡開墾場の桜風景

松ヶ岡開墾場のきれいな桜を観たいよ~という方は、その前に♪
ただいま桜のつぼみはこんな具合 ⇒ ここクリック

ウェザーニューズの鶴岡公園の開花予想が4月13日。
松ヶ岡開墾場は、例年それより少し遅いので、
資料館の開館と共に開花を迎えるかもしれませんね。

4月20日(土)と21日(日)には、大人気のイベント
第9回 庄内クラフトフェアin松ヶ岡&松ヶ岡桜まつり」が今年も開催されます。

両日は、駐車場が大変混み合いますので、
鶴岡市羽黒庁舎から松ヶ岡開墾場まで無料シャトルバスをご利用下さいませ。
乗車時間は約10分、10分~15分間隔で運行。
始発:午前9時45分(羽黒庁舎)/最終:午後4時(松ヶ岡)

資料館では、映画『おしん』の前売券も販売しております。
この機会に、ぜひお求めいただければ幸いです<(_ _)>


FM山形「こちら映画村放送部」明日5日から今年もオンエア

齊藤絵美ちゃん

昨年からスタートしました「こちら映画村放送部」

FM山形「岩崎敬のラジオロイド」のコーナーのひとつで、
庄内映画村や庄内発の映画の最新情報をお届けする番組で
今年も、いよいよ明日4月5日から放送がスタートします。

今年は、6月15日公開の映画『夏がはじまる』で、主人公のななえを演じた
齊藤絵美ちゃんがパーソナリティーを担当してくれることになりました。

昨年お世話になった松浦彩ちゃんの「レディ音タイム」も
今春からスタートしてますよ(^_-)-☆

「こちら映画村放送部」第1回めの放送は、映画村の宇生社長が登場。
どんなトークが繰り広げられますか… お楽しみに♪

今年も、オープンセットでの公開録音などが予定されています。
庄内ゆかりの映画人が続々と登場予定デス。

「こちら映画村放送部」は、毎週金曜日の16時41分からのオンエアです。
お聞き逃しなく!



10月の公開まで待てない! 映画「おしん」前売券販売中

おしん名場面

ほとんどの撮影を終えた映画『おしん』
冨樫監督、キャストのみなさん、スタッフのみなさん、
エキストラ協力くださったみなさん、誠に、誠に、お疲れ様でした。

母との別れを惜しむ『おしん』といえばの名場面
ここねちゃんの表情に、見てるだけで泣けちゃいます。

実は上の写真、前売券の画像でして…

10月の全国公開を前に、待ってられないよぉとばかりに
庄内映画村で前売券の販売が始まりました。

オープンセットや資料館、はたまた鍋屋庄左衛門においでの際は
ぜひ、前売券もお求めいただけると誠にありがたく…<(_ _)>

昨日4月2日は、山形県を拠点とするマスコミ7社さんからも『おしん』の製作に
ご参加いただくことが決まり、その会見が山形グランドホテルで開催されました。

おしん・オール山形製作会見

マスコミ各社のみなさんから共同で映画に出資いただくというのは山形県だけでして、
全国的にも例がなく、これから「オール山形」方式で、
山形発の映画を、全国に、世界に発信していきます。

↓ 製作会見の様子など ↓
>> 映画「おしん」、マスコミ7社が参加 「オール山形」方式、製作会見 (山形新聞)
>> 映画「おしん」、オール山形で宣伝 観光振興めざす (日本経済新聞)
>> 「おしん」の成長描く映画、今秋公開へ 小林綾子も登場 (朝日新聞)
>> 新・おしん、成長実感 映画間もなく撮影終了 山形 (朝日新聞)
>> おしん役の浜田ここね、毎日の雪も「何でもねえ」 (サンスポ)
>> 映画「おしん」に期待して (デイリー)
>> 「新しいおしんに期待して」 映画版、山形で製作発表 (スポニチ)


Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。