Entries

『クラゲになりたい(仮)』メインキャストオーディションを開催します。 

加茂水族館と宮田宗吉監督

庄内キネマ製作委員会の第3回製作作品が
宮田宗吉監督の『クラゲになりたい(仮)』に決定いたしました。

クラゲ展示種類数世界一の鶴岡市立加茂水族館を舞台に
クラゲになりたい飼育係の浩平とパン屋の有希の
ちょっとアンバランスなラブストーリーを描きます。



第8回TAMA映画祭TAMA NEW WAVE特別賞受賞「バカバカンス」(08)で映画監督デビュー。
以降、『セバスチャン』(09)、『あまっちょろいラブソング』(10)と立て続けに
意欲作を発表している宮田監督。

庄内キネマ製作委員会第1回作品『夏がはじまる』で助監督と編集を担当するなど
庄内へは何度も足をお運びいただいており、その経験から
「ぜひ、クラゲをモチーフにした作品を撮りたい」とのご提案があり
今回の作品の製作が決定いたしました。

2014年のリニューアルオープンに向けて新水族館建設中の加茂水族館。
現在の古い建物がフィルムの中に残ることになりますね。

今春5月中旬にクランクインし、2014年春に公開の予定です。

ただいまメインキャストのオーディションへの参加者を募集しています。
3月5日、6日に、東京での開催です。
振るってのご応募お待ちしてます♪

------------------------------------
◆映画「クラゲになりたい(仮)」メインキャスト オーディション概要◆
撮影時期 : 2013年5月中~下旬予定
撮影場所 : 山形県鶴岡市・酒田市を中心に行います。
募集キャスト : 主人公・浩平役/年齢条件:26~35歳ぐらいまでの男性
         ヒロイン・有希役/年齢条件:26~35歳ぐらいまでの女性
オーディション開催日 : 3月5日(火)、6日(水)
             ※会場は、書類審査通過者に追ってお知らせいたします。
申込方法 : オーディション参加申込用紙を映画24区までご郵送ください。
申込締め切り : 3月1日(金)必着

詳しくは、庄内キネマ製作委員会のホームページをご覧ください。
>> http://shonai-kinema.com/
------------------------------------

『クラゲになりたい(仮)』は、これまでの庄内キネマ製作委員会の作品の中で
最も多くのキャストが設定されているシナリオとなっております。

宮田監督は、3月9日(土)・10日(日)開催の俳優ワークショップの講師。

はい。そこのあなた。わかりますね(^_-)-☆ 
ワークショップ=オーディション的な部分多々ありでございますぞ!
主役の二人だけじゃ、映画は完成しないのであります。名作に名脇役あり♪

俳優・シナリオワークショップの締め切りは2月28日(木)
詳しくは、下記のページをご覧くださいまし。
>> http://shonai-kinema.com/workshop.html


映画「おしん」 好調撮影中です

映画「おしん」 おしんが奉公先で井戸で水を汲むシーン

庄内映画村オープンセットで、2月15日(金)にクランクインした映画『おしん』
現場の雰囲気も明るく元気溢れ、好調に撮影が続いています。

一昨日20日は、遊佐町にある旧青山本邸で、
おしんが最初に奉公に出る中川材木店でのシーンの撮影が行われ
地元のプレスさん達をお迎えし、撮影現場を取材いただきました。
大勢のみなさまにお集まりいただき誠にありがとうございます。

映画「おしん」 撮影中の冨樫監督とスタッフ

雪のちらつく天気の中、冨樫森監督の「よぉ~ぃ はいっ!」の大きな声。
この声がいいんですよぉ~。現場の雰囲気が締まるというか。

ミリ単位で、演技の指導をする冨樫監督。
映画『傷跡』や『夏がはじまる』で現場をご一緒した時に
妥協しない冨樫監督の姿に、思わず私め「ねばりの冨樫」と…(^m^)

『おしん』でも、「ねばりの冨樫」健在です♪

映画「おしん」 冨樫監督とおしん役のここねちゃん

普段、宮崎という温かい地で暮らしている小学校3年生
紺のかすりの着物に身を包んだおしん役の濱田ここねちゃん。
ちなみに製作発表会見の時の赤い衣装は、2つめの奉公先・加賀屋でのもの。

監督が囲み取材の時に、もう寒さにも慣れ、元気に走り回ってると話してましたが
大人でも、コート着てても震え上がる-6℃という寒さの中、
素足にわらじでガンバル ここねおしん。
その表情・しぐさに、スクリーンで観る前にもう切ない気持ちに…
公開が今からとっても楽しみ(^^)/

映画やドラマは、同じロケーションを一気に撮影することが多いのですが
今回は、台本の順番に撮影する「順撮り」という手法での進行。

スタッフさん達はその分、負担も大きくなるのですが
キャストさんが役作りをするのにいいと言われています。

演技経験のない8歳のここねおしんを気遣った冨樫監督の配慮ですね。
つないだ編集をしなくてもいいので、天気待ちが無いのもいいとこ(^m^)

事務所で会った時よりも、制作会見の時よりも、
ここねちゃんの顔が、一段とおしんの顔になってきたと感じます。

山形弁もすっかり身につき、撮影の合間も「はい」じゃなく「へぇ」と、
おしんになりきった返事をしてるそうですよ。

これから3月末まで続くロケ。ここねおしんの成長ぶりが楽しみです。
ここねちゃんの誕生日は、なんと思いっきり早生まれの3月31日。
クランクアップと共に、お誕生日を迎えることになりますね。

撮影&取材風景

外景だけ山形で撮って、あとは東京のスタジオで撮影すれば役者もスタッフも楽。
けれども、あえて山形の自然の中で全て撮ることに意味がある。

役者さん達の口から自然に白い息がこぼれる
寒いふりをして撮っているのとは違う、とてもいい表情が出る と
あの『デンデラ』も担当された古賀プロデューサーが話をされていました。

撮影は3月末までオール山形ロケで行われ、10月の公開を予定しています。

>> 映画「おしん」の撮影進む (日テレニュース/山形放送) ※動画あり
>> 映画「おしん」撮影始まる 遊佐で報道陣に公開 (山形新聞) ※動画あり
>> 映画「おしん」 遊佐・旧青山本邸で撮影 (荘内日報)
>> おしん、おかえり 映画、県内クランクイン (朝日新聞)
>> 氷点下、水くみ…「おしん」撮影、旧青山本邸で−−来月末まで酒田や山形で (毎日新聞)
>> 銀幕おしん 撮影始まる (読売新聞)
>> 10月に全国公開 映画「おしん」山形ロケ開始 遊佐 (河北新報)
>> 「おしん」山形ロケ開始 浜田ここね寒さに負けず熱演 (スポニチ)
>> 映画「おしん」撮影開始 雪の中、子役浜田さん熱演 (47NEWS/共同通信)


>> 映画『おしん』オフィシャルサイト
>> 映画『おしん』公式Facebookページ


映画「赦免花」 3月16日(土)よりテアトル新宿でロードショー 



◆3月17日(日)、イオンシネマ三川で舞台挨拶決定!◆
鶴岡市出身のプロデューサー 田林憲治さん
書道家で題字を担当された栗田未来さん(東根市在住)がご来場。
詳しくはこちら⇒ http://www.aeoncinema.co.jp/mikawa/info.php


もう一昨年になりますね。
2011年4月に庄内映画村オープンセットや資料館で撮影が行われた
映画『赦免花』(しゃめんばな)がいよいよ公開となります。

3月16日(土)の東京・テアトル新宿を皮切りに、
30日(土)より、大阪のシネ・リーブル梅田でロードショー♪
ここ庄内でも、イオンシネマ三川で3月23日(土)より公開となります。

映画『赦免花』は、ハリウッド仕込みの特機のスペシャリスト
軽部進一氏の第一回目監督作品。

出演は市瀬秀和さん、竹中直人さん、川野太郎さん、片岡愛之助さん、竹内力さんほか
従来の演出方法を覆す時代劇エンターテイメント作品となっております。

2011年11月に開催された「ラフォール国際映画祭」で、優秀監督賞を受賞。
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012」で国内初お披露目のあと
公開を今か今かと心待ちにしていたので、とっても楽しみです♪

テアトル新宿での初日舞台挨拶には、
音楽総指揮を担当された河村隆一さんも登壇される模様ですよ。

ぜひ、劇場まで足をお運びくださいませ。

>> 映画『赦免花』オフィシャルサイト
>> 映画『赦免花』公式Twitter


地元CMコンペティションのWEB投票が始まりました

狐美一座ご一同さま

食と映画が躍るまち庄内!
先月26日にみなさんのご協力のもと撮影をおこなった
沖縄国際映画祭 JIMOT CM COMPETITION出品作品の
Web投票がいよいよ始まりました。

完成したCMは、下記のページでご覧いただけます。
http://ynn.jp/m/1005198

まずはynnにログイン。
IDをお持ちでない方は、新規作成いただくか
Facebook、Twitter、mixiのアカウントでも簡単ログインできます。

投票方法

プレイヤーの右下にある 笑いボタン “笑いボタン”をクリックして投票してください。
Wボタンをクリック&クリックで100笑
よろしくお願い出来れば誠に誠に嬉しく候<(_ _)>

三浦友加さん、松浦彩ちゃん、
庄内自慢の一品を手に集まってくだった皆さん、
撮影のサポートをしてくださった皆さん
どうもありがとうございました。

ささやかながらの感謝の印
ただいま、お持ちいただいた食材をご紹介する特設ページを作成中。
映画の郷・庄内の観光もロケ地めぐりプランなど合わせてご案内の予定です。
しばしお待ちを♪


3月9日・10日開催 俳優・シナリオワークショップ会場変更のお知らせ

昨日の映画『おしん』製作発表会見の記事でも触れました
3月9日(土)、10日(日)開催の「俳優・シナリオワークショップin山形」の
会場が当初ご案内しておりました「羽黒コミセン」より
「いでは文化記念館」に変更になりました。

「俳優・シナリオワークショップin山形」の詳細は
庄内キネマ製作委員会のホームページをご覧ください。
>> http://shonai-kinema.com/workshop.html

会場、今までと違いますからね。
間違えないようよろしくお願いしますね(^_-)-☆

いでは文化記念館

悠久の時空を超えて息づく山岳信仰。
いでは文化記念館」は、羽黒山の参道登山口にある
出羽三山文化と修験の世界を学び、体験し、未来へ伝える拠点。

と、突然ここで観光案内なぞ始めるにゃぁ(笑)
ワークショップの合間に、羽黒修験道について学ぶってのもありですね(^_-)-☆

山伏修行の様子を再現した滝の劇場や
松例祭の様子などを紹介した映像シアターなど数多くの関連資料と共に展示。

山伏さんが、ぶっほぉ~と鳴らす法螺貝の試吹体験もできます。
やってみてみて! これがなかなか難しい(^^)

4月15日までの企画展示として、いでは文化記念館収蔵資料展
「五穀豊穣の祈り ~羽黒山の祭りと伝統行事~」を開催中

五穀豊穣の神様として崇められる羽黒山の神様。
麓の人々が祈りを捧げ、連綿と受け継がれてきた祭りや
民俗行事を収蔵写真等で紹介。

ワークショップの時、こちらも一緒に見学しちゃおう
という魂胆のにゃぁでした(笑)

◆いでは文化記念館◆
所在地:鶴岡市羽黒町手向字院主南72
電話:0235-62-4727
時間:4月~11月/午前9時〜午後4時30分
   12月~3月/午前9時30分〜午後4時
休み:毎週火曜日、年末年始 ※5月連休時、7、8月は無休
料金:大人400円、高・大生300円、小中200円 ※団体割引有り
交通:JR鶴岡駅よりバス40分
   山形道 庄内あさひICより車40分
駐車場:有り(100台)
>> http://www.tsuruokakanko.com/haguro/kankou/ideha.html

庄内映画村オープンセットや資料館からも間近です。
開村&開館の暁には、合わせてご見学いかがですか?


映画「おしん」製作発表会見が行われました。

映画「おしん」製作発表会見

昨日5日、映画『おしん』の製作発表会見が行われ、
冨樫森監督、原作の橋田壽賀子さんらが出席し主要キャストが発表されました。

主役のおしんには、約2500人の中からオーディションで選ばれた
濱田ここねちゃん。宮崎県出身の8歳の女の子です。

会見の席でおしんの衣装を身にまとった、ここねちゃん可愛らしかったですね。
準備で映画村にいらした時も、素直で、お行儀がよくて、元気で…(^m^)
また、お母さんがとてもよく出来た方で おっと話がそれていく閑話休題

おしんの母親・ふじ役には、上戸彩さん。
(「いつか陽のあたる場所で」毎週楽しみに拝見してます♪)

テレビ放映から30年。NHK朝の連続テレビ小説でおしんの母親役を演じた
泉ピン子さんは、映画では、おしんの酒田での奉公先・加賀屋の大奥様・くに役に。
小林綾子さんも、加賀屋の若奥様・みの役で出演します。

おしんの最初の奉公先・中川材木店の奉公人・つね役に、岸本加代子さん
加賀屋の主人・清太郎役に 乃木涼介さん
おしんのおばあちゃん・なか役に、吉村実子さん
脱走兵・俊作兄ちゃんに満島真之介さん
炭焼き老人・松造役にガッツ石松さん の出演が、会見の席上発表されました。

映画『おしん』には、40名を超える地元キャストも出演します。

キャストっていうのは、ちゃんと役名があって台本に載るというわけで、
エキストラとはちと違う。格上というか^^;
もちろんエキストラさんのご協力はとても大事。
今回も、よろしくお願いします<(_ _)>

冨樫監督は、俳優ワークショップin山形の講師を3回に渡り担当されていて
初夏公開予定の庄内キネマ製作委員会第1回製作作品
夏がはじまる』の監督でもあります。
主演の齊藤絵美ちゃん始め、キャストのほとんどがワークショップ受講生。

こうしたことが、今回の映画『おしん』での地元キャストの
多数起用ということにつながっているかと思います。

ただいま第5回めのワークショップの受講生を募集中です。
今回は、冨樫監督と長く黄金タッグを組んでらした宮田宗吉監督が講師。
庄内キネマ製作委員会第3回製作作品の監督です。
俳優を志すあなた、デビューのきっかけになるかもしれませんよ(^_-)-☆

また、『おしん』にキャスティングされている皆さんも
撮影スケジュールを優先しますので、まずはお申し込みくださいませ。

詳しくはこちら↓
>> 俳優・シナリオワークショップ 受講生募集中

映画『おしん』は、2月中旬にクランクインし3月下旬まで
庄内映画村オープンセットをはじめ、山形県内各地でロケで行われます。
ロケ地のご紹介は、もうちょっと待っててね(^_-)-☆

山形県民一丸となって、映画『おしん』を応援しませう!

ここ数日、かなり緩んできてはいますが、山形の冬は、なかなか厳しい。
これまでの雪の中の撮影経験値を活かし、さらにパワーアップして
庄内映画村も総力を上げ、みなさんの撮影をサポートいたします。

>> 映画『おしん』製作発表会見レポート (東映)

>> 「おしん」役に浜田ここねさん 実写映画10月公開 (朝日新聞) ※動画あり
>> 映画「おしん」キャスト決まる 母に上戸彩さん、大奥様は泉ピン子さん(山形新聞)
>> おしん映画化へ=山形オールロケ、10月公開 (時事通信)
>> 映画「おしん」:主役は濱田ここねさん 公募2471人から選ばれる(毎日新聞)
>> 上戸彩、厳しい声も覚悟!映画「おしん」母役に挑戦(スポーツ報知)
>> 「おしん」初映画化 母親役は上戸彩(日刊スポーツ)
>> 「おしん」は“ほっぺ”が決め手の8歳!母親役に上戸彩(スポーツニッポン)
>> 上戸彩、映画化「おしん」母役!10月公開(サンケイスポーツ)
>> 上戸彩おしんに号泣 10月公開映画「おしん」で母親役(中日スポーツ)
>> 上戸彩、「おしん」母役に「命かける」(デイリースポーツ)
>> 上戸彩、映画『おしん』で母親役!泉ピン子からエール(シネマトゥディ)
>> 上戸彩、映画「おしん」で母親役 批判も覚悟の決意表明(映画.com)
>> 上戸彩、映画『おしん』でおしんの母親役に! 主演子役は2500人から選ばれた新星(cinemacafe)
>> 映画『おしん』で上戸彩がおしんの母に。おしん役はリンゴほっぺの新星・濱田ここね(MOVIE Collection)
>> 『おしん』母役の上戸彩、泉ピン子から「命をかけて頑張って」と激励!(ウオーカープラス)

記事は、まだまだいっぱい。リンク仕切れない(笑)

Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード