Entries

庄内映画村は、映画『のぼうの城』を応援しています♪

戦国大手門エリア

大ヒット公開中の映画『のぼうの城』は、もうご覧になりましたか?

私も、先日行って参りましたよ。
ひきのショットのスケール感の雄大さ、野村萬斎さんの見事な成田長親ぶり
まさにアッパレな痛快アクション時代劇といった感じで
たっぷりと楽しませていただきました(^m^)

実は、庄内映画村オープンセットに、写真の大手門が山梨県北杜市から
移築されることになったのは、この『のぼうの城』がきっかけなんです。

当初、映画村でもロケの話があり、残念ながらロケは流れてはしまったのですが
『のぼうの城』ロケを最後に、この見事なセットが取り壊されるのはもったいない
ということで、庄内映画村に移築しては? となった次第で。

そんなわけで、今もオープンセットで息づく『のぼうの城』のロケセット
スクリーンの中に大手門が映し出されるたんびに「あっ!」とか
思っちゃったりしてたにゃぁでございます(笑)

映画村でも『のぼうの城』をもう観に行ったというスタッフ多数。
「いゃあ、いい映画だったね。来てもらえなかったのがこんなに残念な映画はない」
などなど、のぼう談義で花が咲いております。

佐藤浩市さんの男気あふれる演技がね、
ジャンゴの平清盛を思い出してしまったのは私だけでせうか…^^;

まだ、ご覧になっていない方、ぜひぜひ!
庄内映画村は、映画『のぼうの城』を応援しています♪

>> 映画「のぼうの城」オフィシャルサイト

映画『おしん』 冨樫組オープンセットでロケハン

ロケハン中の冨樫監督

昨日3日・文化の日に、冨樫森監督と古賀俊輔プロデューサーが
2月にクランクインが予定されている映画『おしん』のロケハンに
庄内映画村オープンセットにご来村。

え~ ロケハンとは「ロケーション・ハンティング」の略で
ロケ地(撮影する場所)をハンティング(捜す)…
そんなことは知ってる? 失礼いたしました(笑)

おしんロケハン

宇生社長、丸山副社長はじめ、現場関係者と共に
エントランス広場付近や、農・漁村エリアなどを中心に、
積雪時の具合なども含め、関係者の話を聞きながら観て歩かれました。

冨樫監督は、昨年の宮城県南三陸町の伊里前小学校のみなさんの映画づくり体験
ご指導くださっているので、オープンセットには何度も足をお運びいただいていますが
やっぱりロケ地として観る視線は別物というか、真剣そのもの。

古賀プロデューサーは、映画『デンデラ』もご担当されているので
オープンセット、とりわけ冬の雪が降った時のことは、とてもよくご存じ。
冨樫監督と、その時の撮影の様子なども話されていました。

笑顔の面々

ぐるりと回ったあとのこの笑顔!
どうやら、いい場所が見つかったようですよ(^_-)-☆

このあとオープンセットを後に、あちこちロケハンに回られました。
さて、どんなところでロケが行われるんでしょうね。

クランクインに向けて、着々と準備のすすむ映画『おしん』でした。

冨樫監督がメガフォンをとった庄内キネマ製作委員会の第一回製作作品
『春、庭に咲く(仮)』改め『夏がはじまる』の試写会も、来初夏の公開を前に
まもなく予定されています。


庄内映画村資料館 冬期間の見学はご予約ください。

庄内映画村資料館

年末年始をのぞき通年開館とご案内しておりました「庄内映画村資料館」ですが
昨年に引き続き、今年も、冬休みをいただくことになりました。

2012年12月16日(日)~2013年3月15日(金)は、
休館とさせていただき、団体様のご予約についてのみ開館いたします。(年末年始を除く)
どうしてもご覧になりたい個人の方については、事前にご相談くださいませ。

ご予約・お問合せは 0235-62-2134 まで

庄内映画村資料館では、映画村がこれまでに支援した映画の衣装や、大道具、小道具、
スチール写真、台本、絵コンテ、スケジュール表などの撮影資料をはじめ、
庄内映画村ならではの撮影現場をスケッチした「従撮画」を展示しています。

冬期間は、庄内映画村オープンセットで展示していた衣装も資料館でご覧いただけます。

ただし国の史跡という関係上、資料館に暖房が入れられませんので
かなり寒い中での見学にりますので、何卒ご承知おきくださいませ<(_ _)>


Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード