Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空満点 鶴岡天神祭2011

鶴岡天神祭1

青空が広がった昨日25日の鶴岡天神祭。
今年は「にぎわい天神パレード」のエンジョイパレードに参加した庄内映画村チームは
「映画音楽と映画の世界」をテーマに、
先頭をプラカードを持った佐久間さん、真っ赤な映画村音楽部トラック
その後ろには、馬の早(ざお)や、南相馬のみなさんから託された牛車も一緒に
十三人の刺客隊。

鶴岡天神祭2

ちんどん屋さんが、チラシを配りながら練り歩き

鶴岡天神祭3

6月25日公開の映画『デンデラ』に実際にエキストラ出演した
デンデラーズ達が踊る「デンデラ節」でヒット祈願!
庄内女の底力爆発。一番元気なのがデンデラーズでした(^^)v

最後に、いつもは庄内映画村オープンセット内を走っている赤バス
といった編成で、市中を練り歩きました。
沿道のみなさん、ご声援 誠にありがとうございました。

鶴岡天神祭

一方、審査員として待ち受けるは平野さん。
平野さんが首から提げている木札は、
今年、化けものになった人へプレゼントされた記念品で、このデザインも平野さん
ヤツデのうちわを持った天狗が「さあ、何でもやつでみよう!」

県立鶴岡高等養護学校の生徒さん達が、地元産杉の板を切って磨き、
焼き印を押し、穴にひもを通した木札です。

今日も庄内は、お天気よくて
オープンセットでは、昨日のパレードの疲れも見せずに
男衆達が、田植えをがんばっています。

田植えの様子は明日…


スポンサーサイト

映画24区「俳優ワークショップ」の記者会見が開かれました

24区記者会見

11日、鶴岡まちなかキネマを会場に
映画24区「俳優ワークショップin山形」の記者会見が開かれました。

映画24区」は、未来の映画人の育成のほか、
映画や映画館再生を活用した地域活性化やまちづくりにも関わっていくワークショップ。

映画24区を運営する株式会社プランシップの三谷社長、映画村の宇生社長、
そして、今回のワークショップの講師と庄内で撮影される短編映画の監督をされる
冨樫森さんが会見の席にのぞみました。

冨樫監督は、鶴岡市出身で、代表作に「非・バランス」「ごめん」
「あの空をおぼえてる」」「天使の卵」「鉄人28号」などがあります。

5月28日(土)・29日(日)の2日間にわたって、映画24区の短期講座
「俳優ワークショップin山形」が、庄内映画村オープンセットで行われること

その後、6月4日(土)・5日(日)に、4月から東京で開講中のワークショップの
受講生 約60名が来鶴し、短期講座の参加者も含め講義の一環として、庄内周辺で
短編映画「さよなら北緯38度」の撮影が行われることなどをプレスのみなさんにご報告。

6月のこの日は、地域プロデューサーコースの講師として、宇生社長をはじめ
鶴岡まちなかキネマ・小林代表、酒田ロケーションボックス・市村事務局長の講義も行われます。

24区記者会見

冨樫監督は「今までは地元で仕事をすることに嫌だなという少し突っ張った気持ちがあった。
年を重ね、自分が映画で学んだことを地元に伝えるられることが幸せと思うようになった。
庄内での撮影をすごく楽しみにしている。いろいろな年齢層の方に集まってもらいたい。
まずは芝居を好きになってもらえるように内容を考えたい。」と。

また宇生社長は「東京から映画を誘致するだけでなく、庄内で映画を学ぶという切り口が出来た。
ワークショップを継続的に開催し、映画を勉強するなら庄内へとなれば嬉しい」とコメント。

いよいよまさに「映画の街づくり」が始まった感じがして、なんだかワクワクしちゃいます。
今後も庄内映画村と映画24区の動向に、ご注目くださいね。

俳優ワークショップは、ただいま絶賛受講生募集中デス!
お子さまからご年配の方まで、どなたでもご参加いただけます。

募集要項など、詳しくはこちら↓
>> 映画24区「俳優ワークショップin山形」&出演オーディション (映画村ブログ)
>> 映画24区「俳優ワークショップin山形」参加者募集!(映画24区公式サイト)

※庄内映画村のしゃべりびと・佐久間としひこの携帯でもお申し込み承ります。
090-8787-3746

受講生の方には、今後庄内映画村で撮影される作品の
出演オーディションへのご案内を優先的に差し上げる予定です。

一般エキストラだったそこの君、キャスト・エキストラに格上げのチャンスですぞ。
もう「俺、映ってるかな」なんて思いながら、試写会を観に行かなくてもいいんです(笑)
そしてさらには俳優デビューの足がかりに… 演技力のスキルアップにも、ぜひご参加下さい。

子どもが思うほど親は強くなく、親が思うほど子は弱くない。みんな泣いて強くなる…
冨樫監督の「あの空をおぼえてる」では、たっぷり泣かさせていただきました(^^)

地方に住んでいて、あの素晴らしい作品の映画監督さんに
演技指導してもらえるなんて滅多にないチャンス。

にゃあも、後学のためにも受講してみたいなぁ~
決して女優さんを目指そうなんて大層なことを考えてるワケではないですけどね^^;
社長、5月28日・29日は、お休みもらっていいですか?(爆)

>> 俳優ワークショップの受講者を募集 鶴岡出身・冨樫森映画監督が演技指導 (山形新聞)
>> 庄内から映画人を育成 俳優ワークショップ開催 (荘内日報)

竹がとりもつ素敵なご縁

亀の甲より竹のこう

庄内映画村の人形劇団「狐美里一座」の演目は、
庄内の歴史などをモチーフにした、すべて平野座長による書き下ろし。

今年から新たに加わった「亀の甲より 竹のこう」という
お客さまからも一緒に舞台に立っていただく演目がありまして
これが4月の開村以来、たいへんご好評をいただいています。

どんなお話かは、ぜひ庄内映画村オープンセットでご覧くださいまし。
この演目は、土日祝にご覧いただけることが多いかと。

竹取物語

竹を積み重ねるなら、うちに、いいのがあるよと
オープンセットで、この狐美里一座の演目をご覧になった
お客さまから素敵な贈り物が届きました。

宮城県松島町根廻の竹林より採取した丈夫でコシの強い
上質な孟宗竹を使った手作りの箸と器だそうです。

名付けて「松島 竹取物語」

孟宗竹といえば、庄内も湯田川温泉は、群生孟宗竹林北限の地。
この季節の旬の味わいとして人気の食材。

うまい奥の細道」というネットショップもやっていらっしゃるというお客さまと
平野座長は、竹をご縁に大いに盛り上がり、庄内映画村と何かコラボできないかと
何やらワクワクするようなお話が進んでいる模様。

さて、東北最強タッグチーム 誕生か(^m^)
ご期待あれ

Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。