Entries

タイムスクープハンター 今夜は「サバイバル! 戦火の女たち」

TSH

「ただいま、たくさんの石が私の上空を飛び交っております」 by 沢嶋

先週24日のNHK「タイムスクープハンター」の第8話
「石つぶて 紛争調停人」面白かったですね♪

TSHは、タイムスクープ社から派遣された時空ジャーナリスト沢嶋(要潤さん)が
歴史の教科書に載らないような無名の人々の暮らしに密着し、
映像で記録していくというドキュメンタリー風歴史番組。
毎週月曜日 夜10時55分からの放送。

先週、第8話の取材対象者は、室町時代に街で起こる
けんかや争い事の仲裁をした役人「中人(ちゅうにん)」。

時空ジャーナリスト・沢嶋は、室町時代の京都に飛び、
当初、えぼしをかぶる風習について取材しようとしたところ…

TSH

庄内映画村オープンセットでは、この第8話から10話までが撮影されました。
エキストラのみなさんもたっぷり写ってて、
「あっ~ 誰々さんだぁ」と、はしゃぎながら観てしまってました^^;

第8話を見逃した方は、本日17時からBS2で
総合では、2日(水)の15時15分から再放送があります。

そして、今夜31日放送の第9話は「サバイバル! 戦火の女たち」
沢嶋が、鉄砲を手にして戦った女性たちに迫ります。
時間は、夜10時55分からです。
お楽しみに♪

素敵に塩を送る…? 庄内映画村謹製「酒田の塩」発売中

酒田の塩

庄内映画村謹製 大好評「だだちゃ豆醤油の素」に続く第二弾!
「酒田の塩」(380円)発売中デス

原材料には、「おくりびと」大悟がチェロを奏でる背で美しい姿をみせていた
出羽富士・鳥海山からの伏流水がたっぷりと流れ込んだ
山形県遊佐町吹浦沖の海水を100%使用

でっ、なんで遊佐じゃなくて「酒田の塩」なのぉぉぉ???
塩を作ってくださってるおじさんが酒田の「むかえびと」なんですって。

釜で煮詰める燃料は、製造元で余った木材をリサイクルした地球にやさしいエコな塩
こだわりの二度焼き製法で自然な旨みが引き立ちます。

あっ、↓ これも書けという指示なので…^^;

「敵に塩を送る」とは、
「争うべきは『弓矢』にあり、『米塩』にあらずと」と、名将・上杉謙信は、
塩不足に悩む宿敵・武田信玄に日本海でとれた塩を送り、助けました。
敵の弱みにつけ込まない『義』を重んじる精神は多くの人に共感を覚えさせる…

で、敵って誰? 誰に塩を送るの?(爆)

てなわけで、「おくりびと」から「天地人」までぐるぐると巻き込んでしまってる
商品開発担当スタッフ兄やんの必死な意気込みに口をポカンとしているにゃぁでした

お買い求めは、庄内周辺の旅館さんの売店、お土産屋さんなどに置いてもらっています。
おみかけの際は、ぜひどうぞ♪

しょうゆ、塩とくれば 次は…(^m^)

↓ 酒田の塩さんのホームページ ↓
http://www.sakatanoshio.com/

本日いよいよ全国公開 「座頭市 THE LAST」

しゃべちょも応援

さて、いよいよ本日29日より『座頭市 THE LAST』が全国公開されます。
たくさんの人が、劇場に足を運んでくださるとウレシイにゃぁ。

ここのところ、映画村の事務所に、白い猫が頻繁にやってきます。
外に出してやっても、またどこからか入って、すぐに戻ってきてしまって^^;

にゃあ にゃあと、とてもよく鳴く猫ちゃんで
つけられた名前が「しゃべちょ」
庄内弁で“おしゃべり”という意味。

どうも座頭市のポスターの前が、お気に入りらしく
たびたび、ちょこんと座っています。

猫も応援♪ 『座頭市 THE LAST』

座頭市THE LAST バナー

庄内のロケ地にオススメの場所 ご推薦ください。

4月12日の一般公開スタートより
おかげさまで、たくさんのアクセスをいただいている
庄内ロケ地データベース

ただいま登録件数340件。

山形県庄内地方の施設・街並み・風景など
もっともっとたくさんのデータを掲載していきたいと
考えています。

そこで、みなさまから映画やドラマの撮影に
おすすめの場所をご紹介いただきたく
ロケ地推薦フォームをご用意いたしました。

ご推薦いただいたロケ地情報は、活用可能か等の調査を経て
庄内ロケ地データーベース」に随時追加登録していきます。

ぜひ、ご協力のほどよろしくお願いします。

鶴岡天神祭に初参加

鶴岡天神祭 大絵馬

毎年5月25日は、庄内映画村のある鶴岡市の一番大きなお祭り「鶴岡天神祭」の日。
今年は、映画村も「にぎわい天神パレード」と「天神はんくねり」に初参加。

中央児童館を出発した「天神はんくねり」では、
大絵馬で『座頭市 THE LAST』のヒット祈願。

鶴岡天神祭 山形スクリーム 改造トラクター

駅前出発の「にぎわい天神パレード」には
『山形スクリーム』の御釈ヶ部号や改造トラクターが参加。
トラクターを運転しているのは、『おくりびと』の方言指導をした佐久間さん

鶴岡天神祭 ジャンゴ隊

その後ろには、ジャンゴ隊。
『スキヤキウェスタン・ジャンゴ』の撮影で
実際に使われた衣装を身にまとったスタッフをお供に
ロバの「バンジョー」が幌馬車をひいて歩きました。

鶴岡天神祭 座頭市隊

さらにその後ろには、座頭市隊。
『座頭市 THE LAST』の衣装を身にまとい殺陣を披露しながらのパレード。
天道一家も島地一家も、今日は仲良し♪ 一緒にヒット祈願。
鶴岡の座頭市と記念写真におさまる人も。

鶴岡天神祭

実は、試写会・花火・鶴岡天神祭と連チャンイベントで大変だったんですヨ。
スタッフのみんな、ご苦労様でした。

さて、いよいよ今週末5月29日(土)は、「座頭市 THE LAST」の公開日♪
大ヒットとなりますように 天神様、よろしくお願いしますm(__)m

羽黒でドン 迫力満点 1700発の春花火

羽黒でドン

「ICHI」「山形スクリーム」など庄内ゆかりの映画音楽と共に
お客様&スタッフ 約500人の頭上を彩る 1700発の春花火。

第二十回赤川花火記念大会きねん花火「羽黒でドン」が
昨日23日夜、庄内映画村オープンセットを会場に開催されました。

ご来場くださったみなさま
ホントに、ありがとうございました。

観覧席が、打ち上げ場所からとても近いこともあり
頭上に降ってくるような大迫力の花火
時折、強い風の吹く天候でしたが、お楽しみいただけましたか?

打ち上げ前には、5月29日公開の映画「座頭市 THE LAST」にご出演の
俳優・原田芳雄さんと、プロデューサー・椎井友紀子さんをゲストにお迎えし
映画村・宇生社長とのトークショーも行われ、座頭市の撮影秘話をたっぷりと(^^)

羽黒でドン

にゃぁは、打ち上げ開始と共に火の見櫓を入れて撮りたいと、
観覧席からオープンセット入口にある
太鼓櫓の上に場所を移動してビデオを回してました。

一緒に撮ったスチールには火の見櫓が写ってなかったので
あとでビデオから切り出してこっそり写真を差し替えておこうっと なんて^^;
(一番上の写真は、観覧席撮影をお願いしちゃったスタッフIさんの力作です♪)

ただ映画音楽に合わせて上がる春花火。太鼓櫓までは音楽が聞こえなかったのが残念。
ドーンというおなかに響くような花火の音だけが、真っ暗な太鼓櫓に鳴り響く…

みんなと一緒に、観覧席で写真を撮ってればよかったとちょっと後悔^^;
もう1回、花火大会やろうよぉと、朝からスタッフにおねだりしてる始末です。

なかなか、イベント告知から一ヶ月もない開催だったので
準備のスタッフも大変そうでしたが、なんとかひとまず無事終了。

やっぱり、花火っていいですね。
本番の赤川花火大会は、8月8日(日)開催です。

20回を迎える記念花火大会ですからね。
どんなことになるやら。今から楽しみデス。

さて、今夜10時55分からは、映画村オープンセットでロケが行われた
NHK「タイムスクープハンター」が放送されます。

ぜひどうぞ♪

阪本順治監督 ご来庄 『座頭市 THE LAST』関係者試写会

阪本監督と宇生社長

昨日22日、イオンシネマ三川を会場に、撮影に協力いただいた皆様をお招きし
『座頭市 THE LAST』関係者試写会が行われました。

試写会を観るのは2回目のにゃぁ。
1回目より、感動が大きく、たっぷりと泣かされてしまった映画は初めてです。
セリフの一言一言がキュっと心に響いてきて…
しかも涙スイッチの場所が前回より早い^^;

映画の上映が終わると会場から大きな拍手が巻き起こりました。

そして、阪本監督が登場!

撮影に協力くださったみなさんへの感謝の言葉を。
エキストラのみなさんには、
「座頭市は敵を斬り、僕はフィルムを切っちゃいました」で大爆笑

主演の香取慎吾さんの役作りのお話や
撮影の苦労話などお伺いしました。

「また、庄内で映画を撮りたい」という監督の言葉に
大きな拍手が…

試写と舞台挨拶が終わってからの、前売鑑賞券の売れ行きの凄かったこと。
庄内映画村史上、最高の売れ行き!

地元のみなさんが、いっぱい映画館に足を運んでくださるのも
次の映画誘致の大きな力になっています。どうもありがとうございます。
今回もよろしくお願いします<(_ _)>

『座頭市 THE LAST』は、5月29日(土)公開です。

座頭市THE LAST バナー

なお今夜は、庄内映画村オープンセットで
花火大会「羽黒でドン」が開催されます。

花火の打ち上げの前に、「座頭市 THE LAST」のPRイベントとして
ご出演の原田芳雄さんのトークショーもが行われます。
当日券ございますので、ぜひどうぞ。
当日券の詳細

なお、本日の営業は、午後4時30分(最終入場は午後3時30分まで)となります。
午後3時30分以降、オープンセットに向かう道路は一部通行止めとなりますので
よろしくお願いします。

5月25日は鶴岡天神祭

幌馬車と改造トラクター

5月23日開催 花火大会「羽黒でドン!」当日券あり チケット販売中! ←必死^^;

いつもは、大鳥居の下に鎮座してる『ジャンゴ』の幌馬車が
なにやら、おめかししてオープンセットを移動中。

その後ろには、スナックしゃれこ~べの前に鎮座しているはずの
山形スクリーム』の改造トラクター

さて、どこに行くのかなぁ~
どうやら座頭市様ご一行?も、お供するらしい…

ちなみに来週火曜日25日は、鶴岡天神祭デス。

鶴岡天神祭は、庄内三大祭りの1つで、
派手な襦袢と編笠・手拭いなどで変装した「化けもの」が、
道行く人に無言で酒を振る舞うみちのくの奇祭。

天神はんくねりは、中央児童館を
にぎわい天神パレードは、鶴岡駅前を それぞれ午後2時に出発して
鶴岡銀座と南銀座の交差点で合流して鶴岡公園をめざします。

それにしても、お天気が気になるぅぅ やきもき…

『座頭市 THE LAST』の業務試写会に行ってきました。

業務試写会

いよいよ5月29日に公開が迫った
香取慎吾主演 阪本順治監督作品『座頭市 THE LAST

公開にさきがけ、昨日13日(木)、イオンシネマ三川を会場に、
業務試写会が行われました。

公式サイトを眺めては、この日を心待ちにしていたにゃぁ。
実のところ、撮影されたどのシーンが使われているかは試写をみるまでわからない。

そこで、どこのロケ地がどう使われていたかなどなど、
先に見ておけと試写に行かさせてもらえるのは、
そうした情報をチェックして来るというのも仕事のうち

が…
今回は、そういうことが全部ふっとんでしまって
『座頭市 THE LAST』の世界に引き込まれてしまったというか、
入り込んでしまったというか
業務そっちのけで、最後は涙しておりました。

庄内ロケ映画は全部観ていますが、
毎回1回目はロケ地チェック、2回目に作品堪能という感じで
最初から、こんなに夢中になって観てしまったのは初めての経験です。
素晴らしい作品ができましたね。

佐久間さん

昨年3月15日から5月15日までの2ヶ月間、
香取さんは実に庄内-東京を18往復。

撮影を終えて、山形から東京に戻る時に、
まるでここがホームのように、
香取さんは「いってきます」と言って帰ってくれました。

庄内映画村オープンセットをはじめ、
庄内の風景も映画とご一緒にお楽しみください。

22日(土)には、撮影にご協力いただいたみなさまを
お迎えして関係者試写会を予定しています。
こんときこそは、ちゃんとチェックしてこないとぉぉ^^;

また、5月23日(日)に庄内映画村オープンセットで開催される花火大会
第二十回赤川花火記念大会きねん花火「羽黒でドン」では
花火の打ち上げの前に、「座頭市 THE LAST」のPRイベントとして
ご出演の大物俳優さんと映画村・宇生社長のトークショーが行われます。

このほか、赤川れいかミニライブ、
庄内藩殺陣乃会の演舞なども予定されています。

限定1500枚、まだお席に若干の余裕がございますので
こちらもぜひどうぞ。

詳しくはこちら↓
http://www.s-eigamura.jp/hanabi/index.html
※当日券はありませんので、事前にチケットをご購入くださいませ。
庄内映画村本社(松ヶ岡)や庄内映画村オープンセットでも直接お買い求めいただけます。

座頭市THE LAST バナー

庄内映画村オープンセットでも、前売鑑賞券発売中を発売中です。
お得なオープンセット入場割引券付きデス。

別冊+act. Vol.2で『座頭市 THE LAST』 +庄内映画村

オープンセットができるまでの様子

5月12日(水)発売のメディアを追求・検証していくカルチャー誌「別冊+act. Vol.2」は
いよいよ5月29日と公開間近の映画『座頭市 THE LAST』の特集。

主演を務める香取慎吾さんのロングインタビューの冒頭から
いきなり映画のセットの話題に、思わずなんだかウルっときてしまったにゃぁです。

ふつう撮影所といえば、そういうセットが予め組まれていて、
そこで撮影するってことなんでしょうけど

「庄内映画村オープンセット」は、何もない場所に
その映画のためにセットを組んで、それをそのまま残し
一般のお客様にも見学いただいている施設。

『座頭市 THE LAST』のために作られた漁村・農村エリアも、
そこに昔から棚田などがあったわけではなく、広大な荒れ地を
すべて、一から、美術スタッフと地元の農家さん達の協力で
作り上げられたものです。

屋外だけでなく、室内もスタジオ撮りではなく、
その場所で撮りたいということで漁村・農村エリアのセットは
内部まで作り込んである建物も多く見所の多いエリアです。

セットを作り上げていく課程が、
美術監督・原田満生さんのお話と共に
本邦初公開の貴重な資料と共に紹介されています。

ぜひ、ご覧ください。

また、特別企画「厳選・撮影所案内」でも
庄内映画村オープンセットをご紹介いただいています。
(にゃぁが撮った写真も掲載されてて喜び一入) 



今日は、これから『座頭市 THE LAST』の業務試写会に行ってきます。
にゃぁは受付担当。

いよいよ待ちに待った作品をこの目でしっかと見てきます。

座頭市THE LAST バナー

NHK「タイムスクープハンター」in庄内映画村

タイムスクープハンター 虚無僧

アブソリュートポジション 確認!

この虚無僧 どこかで…(^m^)
「エキストラって、おなかが空くなぁ~」 by 虚無僧

庄内映画村オープンセットでは、本日10日まで
NHK「タイムスクープハンター(TSH)」の撮影が行われています。(現在も撮影中♪)

TSHは、タイムスクープ社から派遣された時空ジャーナリスト沢嶋(要潤さん)が
歴史の教科書に載らないような無名の人々の暮らしに密着し、
映像で記録していくというドキュメンタリー風歴史番組。

この土日は、お天気にも恵まれ、絶好の撮影日和。
ご来村のみさん、一部入場規制のエリアなどもあり、ご不便をおかけしました。
おかげさまで、順調に撮影が進んでいます。

宿場町エリアでの収録タイムは、山間集落の通り沿いから
眺めておいでのお客様も多かったようです。

タイムスクープハンターロケ風景

エキストラのみなさん、ご協力どうもありがとうございました。
天気はよかったのですが、雪おろしの強い風が冷たくて、ご苦労おかけしました。
ロケ弁、おいしかったデスか? (^m^)

日曜日のロケは、昼組、夜組の2組に分かれての撮影。
特に夜の撮影は、ホントに寒くて
撮影のための焚き火で、にゃあも一緒になって温まってしまいました(笑)
空は、満天の星。天然プラネタリウム(^^)

テレビドラマの収録は、初体験。
映画とは、またひと味違う現場の雰囲気で勉強になりました。

沢嶋雄一(=要潤さん)も、めっちゃカッコよかったデス。
背高いんですね~ (おいおいコラコラ 仕事 仕事)

タイムスクープハンター エキストラのみなさん

タイムスクープハンターは、
毎週月曜日 午後10時55分からNHK総合で放送中です。
ちなみに今夜の放送は「金山衆 闇からの脱出」

映画村でロケが行われると聞いて、TSHをご覧になり
「おもしろくて、ファンになっちゃいました」という
お客様やエキストラさんもいましたよ。

庄内映画村での収録分は、以下の日時に放送の予定です。
 第8話/5月24日(月)
 第9話/5月31日(月)
 第10話/6月7日(月)

ぜひ、ご覧くださいませ。

>> NHK「タイムスクープハンター」オフィシャルサイト

Appendix

プロフィール

村人 にゃぁ

Author:村人 にゃぁ
庄内映画村資料館や松ヶ岡開墾場の様子など、映画村の最新情報をお届けします。

検索フォーム

最新記事

QRコード

QRコード